Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

POP WINE/Ted Curson&Georges Arvanitas Trio(FUTURA)

FUTURAと言うとこの一枚しか思い浮かばないのはなんでなんだろう。つーか中古屋で昔よく見た一枚。国内盤はEPICから出てたらしい。今はCDで楽に手に入る。

内容

ピアノのジョルジュ・アルバニタさんが発作的に60年代ハンコックくりそつのフレーズを連発するあたりが実にあれな感じですが、負けじと70年代マイルズ風に吹きまくるリーダーも存分にあやしいw(このアルバムは71年録音)

1曲目のイントロがなんだかな風なのが難点なのをのぞけば良質良盤の鏡みたいなアルバム。なんで冒頭だけわけわかんない風にはじまるんだろう。謎だ。

とにかくタイトル曲と「L.S.D. Takes A Holiday」を聴いて欲しいです。いや、とにかくいいアルバム。