Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明のパソコンblog

適切な電源管理

Windows11のコントロールパネル内のCPU制御にはバグがあるっぽい。電源管理内の詳細な電源設定でCPUパフォーマンスを決定できるのだが、どのモードでも最大パフォーマンスを99%に設定すると、基本周波数から上がらなくなる。50%に設定すると基本周波数の半分、N100であれば0.8GHzの半分である0.4GHzで動作するようになる。いや、やりたかったのはこういうことじゃない。
電源設定を「バランス」に調整すると、ブースト周波数のトップまで上がらなくなる代わりに、一応、周波数は動的に変化していく。省電力に設定するとより低いレンジで動作するようになる。ブーストかけっぱなしが必要なら高パフォーマンスモードを選ぶと周波数が下がらなくなる。この状態で99%を選ぶと基本周波数だ。なんじゃこりゃ。

Windows11のの場合、コントロールパネルの電源設定でバランスを選び、「設定」アプリの電源設定で3種類の電源設定からCPUパフォーマンスを選ばなければいけないらしい。ここで「最適なパフォーマンス」を選ぶと基本周波数近くからブーストMAXまで素直に行ったり来たりするようになる。

これ素直におかしいだろ。バグだと思う。どげんせんといかん。

追記 めでたくCPU温度が40度台で安定した。これでファン速度落とせる。こいつのファンうるさい(後継機のG5では改善されてる

認証の通らないWindows11

中華PCの一部でWindows11のボリュームライセンスを入れて販売しているものがある。ほとんどはクリーンインストールすることで通常ライセンスに切り替わるものだが、最近になってクリーンインストールしたり、回復ドライブから初期化した場合に認証を通らない物が出回っているようだ。ボリュームライセンスはMSで認証する場合もあるが多くは社内に認証サーバーを立てて、そこで一括認証するため、メーカーのサーバーから切り離されてしまうともうキーが正常でも認証が通らなくなってしまうという、理屈ではわかるがしかしこれは困ったことになったわけである。ちなみにボリュームライセンスは中古販売が禁止されているため、MSによる救済措置はない。国内メーカーなら「メーカー修理」(勝手にOS消して入れなおしたのだから保証は受けられないだろうが)になるところだが中華メーカーはそういうわけにはいかない。おそらく、中国国内や海外にものを送ることが日常的な外国では当たり前にメーカー送りになって問題の出ないケースだと思うが、日本は鎖国の影響がいまだ色濃いため個人が海外に物を送ることは困難だ(最近になってやっと海外通販で物を購入するようになったが、そんなものは海外では江戸時代からやっている<ナポレオン戦争の影響によるもの)

自分が購入したTRIGKEY GREEN G4は、クリーンインストールで通常ライセンスに切り替わり普通に認証も通ってウハウハだが、このトラップにひっかかった人は大変だと思う。AMAZONとかAliexpressとかに日本から抗議が殺到しないとこういうのは改善しないので(技適問題はこの数年で大幅に改善した。中国人は悪意なく技適の存在を知らないだけだった)ひっかかってしまった人はめんどくさいけど返品を含めて抗議したほうが良いと思う。

TRIGKEY GREEN G4、BIOSをどういじってもPL1を8Wに設定できない。。。常時20Wでぶん回してる。。。君はサーバー機なんだから待機中は極力電力つかわないで欲しいんだけど。。。

EeePC 1015PXから音を出す方法

EeePC 1015PXにはantiX linux coreを入れていた。これはこれで軽快高速で良かったが、なぜか音が出なかった。antiXには過去にも同様の経験があり、antiXと1015PXの相性と判断して別のOSを選択した。
チョイスしたのはPeppermintOSのxfce版。ここで決してGNOME版を選んではいけない。atom N570はサーバー用で4コア4スレという当時としては奢った仕様であっても現代のデスクトップ環境を走らせたら重くてとても動かない。軽快高速を享受するならxfceデスクトップ一択。
インストールにも一苦労があって、ライブ環境で起動しようとするとなぜかディスプレイドライバの起動で失敗してOSがハングしてしまうようで何度やってもうまく行かない。これは1015PXの「機嫌を損ねた」ということらしいので、ハングしないOS(たとえばantiX)を一度ライブ起動させると機嫌がなおる模様(真剣に書いています

インストール後に各種ブラウザをインストールしてYoutubeの再生を行ったところ、Chromiumでは音が鳴ったのにFirefoxでは鳴らないという症状が発生した。ミキサーを確認しても音量インジケーターは正常に作動しており音声が出力されないほうがおかしい状態。こうなるともうChromiumでも音が鳴らなくなる。「1015PX linux 音が出ない」で検索すると、瀕出の症状のようで、やはり「一度機嫌を損ねると」ミュートが入って音が出なくなる、という「1015PXの機嫌を損ねる」=「機嫌をなおす儀式を行わないといけない」ということらしい(繰り返しますが真剣な問題です

原因はalsactlで何かの理由でミュートが入ってしまうということらしく、alsactlを再起動することで解決できる。具体的にはターミナルから
$ sudo alsactl init
と打ち込んでやれば音が出るのだが、再起動すればまた「だんまり」状態に戻る。起動時に一度alsactlを初期化しなくてはならないらしい。検索してもあまり一般的なOSでの解決策が引っかからないので、一般的な「起動時に任意のスクリプトを実行する」方法を探したところ

ものすごく理解できないくらいめんどくさい手順

を、紹介されるので無視して
/etc/profile.d/ 以下にnanoを使ってalsactl.shというファイルを用意してそこに
sudo alsactl init
と記述して保存、再起動して解決した。alsactl.shというのはテキトーにつけた名前なので、名前は何でもいい。

手順だけ書くと
$ cd /etc/profile.d/
$ sudo nano alsactl.sh
ここでnanoが起動するので

#sound enable
sudo alsactl init

と記述して保存する(一行目の#以下は自分で何を書いているのかわかればいいので内容を適当に書く 書かなくても動くがきっと何を書いたのか忘れるので書く。
再起動して音が出るのを確認する。これで完了。

1015PXはブログ主が今から考えると理解できないくらい貧乏なときに2000円くらいで買ったPCなので愛着があって長く使っているマシン。液晶は割れたけど外部モニタに出せばまだまだ現役で使えるのでこれからも活用したい。

1015PXよいところ
 メモリが上限2GBだが、ビデオメモリがメインメモリと共用ではないためにきっちり2GB使える。HDD機のためスワップが始まったら動作はおしまいなのでこのきっちり使える数百MB分が神のように貴重。
 4コア4スレッド。サーバー用の石のため贅沢に非力なコアが4つもついている。重い作業をするとあっという間に全コア使い切るがそうでない作業の場合4スレッド走らせられることは意外に快適さを生む。
1015PX悪いところ
 32bitの石。今となっては64bitだったらもっと軽快なのになぁと思う。
 HDD機。antiXのように起動しても88MBしか使わないOSならHDDから起動しても起動完了までに大した時間はかからないが、PeppermintOSは起動だけで700MBくらい読み込まなければならない。これは単純に起動時間の差につながりストレスを感じるところ。アプリの起動もHDDをずっと読んでいるのでこのHDDが足を引っ張っているのは間違いない。
 USBが2.0止まり。はっきりとウィークポイント。ここが3.0なら高速なUSBメモリにOSをインストールすることでHDD起動によるデメリットを相殺できた。時代を考えると致し方ないがもったいない。


ちなみに、Peppermint OSの日本語入力手順はPC-FREEDOMさんのショート動画に詳しい。パクるのはネット仁義に反するので動画参照。
www.youtube.com

32bit版の場合、fcitx5-configtoolは存在しないないため、fcitx5-config-qtが代わりにインストールされるがこれで動くので気にしないこと。

ついしん この記事も1015PXで書いていますが軽快に書けてます。引っかかりとか一切ないです。一方でいかにFirefoxといえどタブ3枚がメモリ的に開ける限界っぽい(1.7GBくらい使っている)。4枚目開いても大丈夫な気はするけど怖い。これ以上はOS側のメモリを削るしかないのでantiXおすすめとしか。あと、ネットブックを外部モニタにつないで全画面で動画視聴するのは無理。そんなにVRAM積んでない。あくまでも小さな液晶画面で動画視聴できる程度の実力しかないことは心に留めたい。そういう環境なら720p行ける(1080pは無理)

systemdは重いのか?

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと嫌われ続けているsystemd。開発者とLinux財団の確執のうわさも聞くけど、現在ではほぼデファクトスタンダードの地位を確立した。ほとんどのディストロでsystemdを採用している。が、一部でsystemdフリーを謡うOSもあって、このblogでべた褒めしているantiXや、devianのsystemdフリー版のdevuenなどが一般的なsystemdフリーOSとなっている。
で、嫌われるからには何か理由があるわけで、個人的にはsystemdフリーをうたい文句にするantiXが高速軽快なので、systemdは便利だが重い、のかと思っていた。

ところがPeppermintOSが重い重いubuntuを捨ててdevianベースのOSに生まれ変わり、ついでにdevuenバージョンも出ていたので同じ環境で比較してみた。あくまでも体感での比較になるが
テスト環境
HP t520 Flexible Thin Client
CPU GX-212JC SOC with Radeon R2E Graphics 1.2GHz
memory DDR3L 8GB
USB 64GB

OSインストール先は64GBのUSBだがリード400MBを謡う高速メモリなのでHDDやeMMC使うくらいなら絶対にこっちおすすめ。16GB環境にインストールできるらしいが、今回は余裕を見て64GBドライブを使用した。

で、結果。debianベースのほうがきびきび動作する。OS自体の動作とSystemdの有無は関係ないっぽい。というかあったほうが速い。antiXのあの動作の高速性はsystemdふりーとはかんけいがないということがわかた。

追記 じゃあ、PeppermintOSは軽量で高速なOSかというと、この高速性は潤沢なメモリに依存していることを忘れてはならない。開発者のコメントでは「メモリ16GBでうちでは動かしてるよー」とのことなので、おそらくメモリ2GB環境では笑えるくらい動かないに違いない(それPuppyLinuxやLinuxLiteとかでさんざ見たw あくまでもCPUに対して優しいOSであるということ。いや、このGX-212JCと言う石はいにしえのAMD E-450よりも非力というすさまじいスペックの石で、通常1.2GHzで動作し、ターボブースト時1.4GHzで回るという、そんなターボブーストありかよというとんでもない石なのであった。

それでGoogleChromeが軽快に動作し、youtubeの読み込み待ちを感じさせない速度が出るんだから、PeppermintOS、条件さえそろえばとんでもない高速OSだったわこれ。。。

WindowsToGo!!!!!

難儀していたWindowsToGo、結局外付けSSDで作ったやつを安定させるまで追い込んだら、同じ環境を複数のPCで問題なく使える夢の環境が実現した。USBメモリだとダメなのはどこかでリセットかけるタイミングがあるからじゃないかなぁ。ライブ起動したUSBメモリでスリープに入ると死ぬケースが5年前くらいに頻発したことがあったので、同じ現象なんじゃないかと思う。
現在、TRIGKEYのGreenG4 N100というミニPCで運用中。このミニPC、内部PCIeがx1しかなくてSSDの速度が出ない。。。にもかかわらず廃熱に難があって中にSSDを入れて運用できない(デフォルトのファンの設定がものすごく高速でうるさい)という欠点があることが判明したので、起動ドライブは外付けで運用することにした。USB3.2gen2だけどx1のPCIeより高速なのが悲しい。。。
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0C4GB9BSK/?_encoding=UTF8&pd_rd_plhdr=t&aaxitk=3347244236d968508f3817289b55e818&hsa_cr_id=0&qid=1717296156&sr=1-1-ac08f2b1-eb5b-4f1a-aa64-9e8f448c33ed&ref_=sbx_be_s_sparkle_lsi4d_asin_0_img&pd_rd_w=2oQ5J&content-id=amzn1.sym.ea91fbda-5568-44df-b5b0-99202f731686%3Aamzn1.sym.ea91fbda-5568-44df-b5b0-99202f731686&pf_rd_p=ea91fbda-5568-44df-b5b0-99202f731686&pf_rd_r=FKH1NXHJK4XBJE22HYH8&pd_rd_wg=LMYN4&pd_rd_r=320ca33e-3c6c-4dd9-9d47-1e0958400e7f

後継機のG5は廃熱に工夫があって静音化されてるらしいので、LANが2.5Gbeなのも含めてそっちおすすめだなぁ。。。

ところで、話は変わるがSigezoneでLANケーブルでモニター出力を延長できるHDMIエクステンダーとVGAエクステンダーを購入してきた。
https://www.amazon.co.jp/HDMI%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC-HDMI%E5%BB%B6%E9%95%B7%E5%99%A8-HDMI%E9%80%81%E5%8F%97%E4%BF%A1%E6%A9%9F-1080P-%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF/dp/B0C1MMGSPR/ref=sr_1_48?dib=eyJ2IjoiMSJ9.c4ovE8JZqZSmOAiyNf2062RMxFqNL5ddI3hPxBIH19cv3Xa0nhwA8Uq_W_n3RGLd02K1ANc0KirrIW4mZzRIB-RaTPvwZb26vLjIG_c4gPkLc9R1RqhGC7CwesZeZeoi1AfnamuZe7PNbpc_OxMO0NA43VADnSLrNLmCGRS_MuWydt9JpZSQ2-6u_RFqDhy58Mm2uoK7OzRWlgOmu_Rsgd7jTihBDsuMLmxyapXW2Tkl3GDU1HL1xlcOzu_KI2r9q8sXv-5yiNf-jOiYSRrJYT7N8t453qcJenmQHvPOdDQ.agBLwsIge7-TgXz_FTJBZcDPsJL3DMAYDU4Fb8pn1R4&dib_tag=se&keywords=HDMI+%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC&qid=1717296412&sr=8-48

結論。HDMIエクステンダーは使える。デジタル信号なのでノイズの飛び込みさえ抑えられれば画質劣化なく行ける。VGAエクステンダーは使えない。アナログ信号なので延長すると信号がなまるっぽい。しかもSigezoneで売っているのはモニターに直付けできないタイプのためVGAケーブルの接点分信号がなまる。アナログは最短距離で直結が一番きれい。この直付けできないのが重欠点でした。。。

HDMIエクステンダーは神。ただ、ワンペアしかないのでは今いち使いにくい。送信側のユニットだけ大量に持ってればLANケーブルの抜き差しだけで一台のモニタに複数のPCをつなげ分けられるので便利かもしれない。aliexpressではその用途と思われるペアで300円とか160円とかの値段で売ってるので本来はそういうアイテムなのだと思われ。国内メーカーの奴は、電源付きでHDMIリピーターとして機能する物ばかりで、ユーザーが欲しい物を一切作っていないのが残念。



重欠点 映像信号しか送らないのでモニターから音が出ない。死んだ。

antiXのKeyringが期限切れになった件(解決編)

先日お話ししたantiXのリポジトリのキーリングが見事に期限切れになった件、最終的な当面の対処療法が公式のForumのTOPに掲載された。具体的には

$ wget -c http://repo.antixlinux.com/antix-archive-keyring_20019.5.0_all.deb
$ sudo dpkg -i antix-archive-keyring_20019.5.0_all.deb

これで解決。すっきりしない解決だなぁ。フォーラム見ない人は永遠に困り続けるわけで。