Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

埋め草2

Ambitious!野心的でいいじゃん/モーニング娘。

D

現在に続く非「バンド歌謡路線」の出発点であるAmbitious!野心的でいいじゃん。次作は名作「歩いてる」(オリコン一位)

笑顔YESヌード/モーニング娘。

D

光井愛佳加入後初のシングル。これはシングルテイクだがアルバムには異なるバージョンが収録されており、正直ソッチの方が出来がいいw 松井"Royalmirrorball"寛 担当作品である。

悲しみトワイライト/モーニング娘。

D

安っぽいシンセ音が悲しいバンド歌謡路線。このPVの光井はなんとなく鞘師っぽいw なんでいまこんなんなったw

ここで吉澤、藤本が去り中期モーニング娘。が終了。次作「女に 幸あれ」は筆舌に尽くしがたいとんでもない出来の作品であり(以前取り上げた)、ここから「鉄壁のパフォーマンスで難曲をねじ伏せる」高橋愛帝国が立ち上がる。とにかく、A面が難曲揃いで聞いていてクラクラするが、このパフォーマンス期はカップリング曲とアルバム曲に名曲がズラリ並ぶため、どうしても「パフォーマンスとしての素材」をリーダーが欲していた故の難曲連発であったようにも思える(真相はわからない)

愛して 愛して 後一分/モーニング娘。

D

安っぽいシンセトラック上を高橋愛新垣里沙コンビが軽快に歌いとばす佳作。気まぐれプリンセスのC/Wである。どう聞いてもコッチの出来がいいw

弱虫/新垣里沙

D

泣いちゃうかものC/W。本来は道重さゆみが2番を担当する。タイトなアレンジがいかにも高橋愛好みな一作w

秋麗/モーニング娘。

D

「あきうらら」と読む。プラチナ期最高の一曲。なんちゃって恋愛のC/Wであるが、記念盤からは外されたという悲運の名曲。ダンサブルなピアノ、品のいいシンセヒット、ダササと一切無縁のストレートな旋律、太いベース音、そして絶好調のボーカル陣。言うことのない名曲だが、ほとんど知っている人がいない(除くハロヲタ)というもったいなさすぎる作品。こういう「きちんとした」曲の積み重ねが評価され、高橋愛は帝劇方面から引き抜きを食らうことになる。

愛され過ぎることはないのよ/モーニング娘。

D

ミニマルビートが魅力の「愛され過ぎることはないのよ」特に2コーラス目でさゆがフィルターVo.で歌うところのベースが太くて泣ける。間奏のバイオリンは謎。プラチナ期の最後を飾るにふさわしい名曲。A面が難曲中の難曲「男と女のララバイゲーム」であるだけにしみじみそう感じる。


おまけ

やめてよ!シンドバッド/モーニング娘。

D

やめてよ!山崎会長!としかいい様のないすごい歌詞が魅力のやめてよ!シンドバッド。昔のモーニング娘だったらこっちがA面だったかもしれないw Only youのカプリングだが「青春返してよ」という歌詞がとにかくスゴイw

もっと愛してほしいの/モーニング娘。

D

まじですかスカ!のカップリング。こっちがA面でも良かったように思うが、プラチナ期に確実にあった「カップリングの良さ」みたいのはもう感じられない。高橋愛政権の神通力が9期加入で再びつんく♂サイドに移ったことを感じさせる作品。


おまけのおまけ

SONGS(inst.)/モーニング娘。

D

アルバム曲にはインストがない!インストはシングルだけの特権なわけだが、名曲SONGSはどうしたってトラック単独で聞きたいわけで、篤志家の方によるボーカルを落とした音源が上がっていたので掲載。コーラス担当は高橋愛亀井絵里。調べると高橋愛コーラス作品て結構多い。