Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

今日買ったCD

筆舌に尽くしがたいサウンドw それは置いといて、マスタリングがものすごく丁寧。セクシーオトナジャンの「オンナ、悲しい、オンナ」のトラックは比較的低音楽器主体の編成で書かれているが、きちんとブラス特有のリップ音(ノイズではなくマウスピースのところでリップが振動している音)が聞き取れるウルトラ丁寧なマスタリング。録音も優れているのだと思うけど、ベースもきちんと弾力がありこれはマスタリングエンジニアの耳が相当いいのではないかと感じた。曲は、おシャレ系を目指した定番のラウンジポップ。これなら太シスの「沈黙」あたりでも良かったのにとか思う。プレHigh-Kingである高橋愛-田中れいなによるエレジーズ印象派 ルノアールのように」はうねるファンクビートが魅力のシンセポップ調の曲。ブリブリしたシンセベースがシルキーな質感で捉えられており非常に丁寧な仕事ぶり。ウワモノは高橋愛-田中れいながゴキゲンにすっ飛ばすプラチナ期を予感させる聴きどころのある出来。里田まい柴田あゆみ含めて、プレHigh-Kingを思わせる一作。曲自体の出来は良くない。終曲「人知れず 胸を奏でる 夜の秋」は、中澤裕子保田圭飯田圭織稲葉貴子という「重鎮」によるスローテンポの大げさな曲。ライブ用か。