Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

譜久村聖&飯窪春菜 バースデーイベント~高校生NIGHT!~@横浜BLITZ(19:00~)

出演:譜久村聖飯窪春菜 MC:石田亜佑美 電話出演:工藤遥 客:生田衣梨奈鈴木香音 VTR出演:嗣永桃子和田彩花

フクちゃんはるなんBDイベント! だーちゃんは俺の嫁! 


セットリスト

M1 SEXY NIGHT…

M2 愛しく苦しいこの夜に(譜久村ソロ)

M3 浮気なハニーパイ(飯窪ソロ)

M4 もしも...

M5 My Way~女子校花道

VTR出演が娘。外の人選というのがレアというか、主役二人の微妙な立ち位置を示していて妙。だーちゃんがどぅーに電話するときの幸福そうな笑顔が忘れられない。いい姉弟だとオモタ。ナマタは尺の都合からか、せっかく来たのにほとんど出番がなかったw かのんちゃんはストレートで美少女状態。 ライブ中、ナマタは2階最前で立ち上がってサイリウム振っていたので係員に注意されて強制着席させられていました。。。BLITZの2階席最前は立っちゃダメだってアレほど。。。どぅー若干眠そうだったかも知んない。

選曲は「愛しく。。。」にドドメ。イントロが鳴った瞬間客席がどよめいた。ROMANSのM1はツインボーカル+だーちゃんコーラスという布陣。だーちゃんの構成んぽうな踊りが堪能できた。と、だーちゃんと並ぶとフクちゃんの「フリの大きさ」が実感できて印象に残った。振り付けの先生からエッグでは必要だが娘。では「いらない」と言われたフクちゃんのフリの大きさだが、個性として伸ばしていけばいいと思った。体格の良さと相まってダイナミズムを感じた。こういう表現は鞘師にもだーちゃんにも出来ないのだ。そこは伸ばして行けと。


はるなんの「ハニーパイ」はハニー色から取ったらしいが、なんというか意外な選曲。本人も「この曲をソロで歌うのは多分はるなんが初めて」と言われてしまったとのこと。ここいら辺もはるなんらしい個性の表れ方だと思う。


だーちゃんのMC。一生懸命練習して、台本棒読みで頑張るw それだけでも可愛いいのに、棒読みだーちゃん特有の方言イントネーションむき出しのネタ~っとした語り口がたまらなくカワイイ! だーちゃん俺の嫁! ケッコンして! 最強の方言彼女!


というわけで、ハッキリ言って歌は軒並みショボかったが、異常に満足感というかお買い得感の高いイベントだった。モーニング娘。たのし~!

感想

娘。メンはアイドル色よりもスター色。が強いんだなぁと改めて感じた。三人まとめてもおそらくめいめい一人のVo.にも負けてしまいそうな歌唱力であることとか、アイドル特有の「フレッシュ感」の無さ加減とか、そういうのを補う「スター性」そういったものを改めて感じたイベントだった。だーちゃん可愛すぎるわ魔性の女。俺フクちゃんにイチオシって言ったから言ったからw くそ、、、1現場2推しは禁じ手なんだが。。。絶対成功しない。。。参った。。。