Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

TV Bros./What’s in

WHAT'S IN (ワッツ イン) ? 2010年 05月号 [雑誌]

WHAT'S IN (ワッツ イン) ? 2010年 05月号 [雑誌]

ものすごいボリュームの巻頭特集。先日の西脇元帥の新曲観に対して今回は樫野少将、大本大佐による新曲評が読みどころ。一番業界っぽい見方になってしまっているのが大本大佐で、だからいつまでたっても佐官止まりなんだと(謎

一方で西脇元帥の片腕たる樫野少将の「ナチュラル」評は非常にオーソドックスで、一方で「不自然」に対する評が「そう考えったか」というような変化球なのが印象に残る。


いずれにせよ高評価が「ナチュラル」で「不自然」の評価がいずれも低いというところにこのユニットの音楽観の凄さを感じた。大本さんの「ファンが期待した内容はとりあえず全部入ってるでしょ」というのはまぁ、業界的な勘違いとして。それともファンの声と称してそんな「耳ツンボ」な声が届いているのか?


「ナチュラル/不自然」はデイリーでバンプを抑えて首位に立つ。これは大きな勝利だと思う。こんな変態曲、普通首位には立たないって!

追記 同じ日に読んだ「What's in」の内容と混同していた模様。こちらも凄いインタビューなので必読。今回、インタビューが豊作なのはトライアングルの時に痛い目にあったことから来てる反省なんですかね。。。トライアングルの時のインタビューはとにかく「他人事」のように作品を語る内容だったのでねぇ。。。