Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

報道様は偉いんですか?

偉いんだよ。戦前、政府と報道は対立しており(それは絶えずデマや煽りで部数を稼ぐような「報道」しかしなかったからだ。日比谷焼打事件などはその弊害の最たる例)、昭和期に入るとかなり強力に取り締まりを始めた。その結果、報道が結託の相手としてえらんだのが軍部。報道によって軍部を煽りクーデターを起こさせ文民政治を破壊させ、最終的に「中国を植民地化せよ」「鬼畜米英を撃滅せよ」などと部数目当ての煽り記事を書きなぐった。政治に変わって日本を支配した軍部だが、今度はマスコミによって「戦争を起こさないといけない」立場に追い込まれた。マスコミを取り締まって、前回同様にクーデター(今回は必ず内戦になるだろうという分析だった)を起こされるのか、それとも一か八か開戦か。。。追い込まれた東條内閣は開戦を決断した。マスコミ以外のすべての軍人・政治家は「勝てっこない」事を知っている戦争だった。それでも内戦に突入するよりはマシという判断だった。

戦後、マスコミの恐ろしさを国家の破滅という形で嫌というほど味わった日本政府は戦前と打って変わってマスコミに対する宥和政策に転じた。例えば人事院のトップ3人のうち1人は必ずマスコミ出身者に渡し「官僚任命権を事実上マスコミの専権事項にする」ことや、放送というものが民間に渡され巨大メディアとなるとき「マスコミ以外は放送局の免許を得られないようにして事実上独占状態にした」(したのは当時の郵政大臣田中角栄)など枚挙にいとまがない。

マスコミはしたい放題させて置かないと勝手に国家を破滅させてしまう。それが日本政府が得た第二次大戦唯一の教訓と言っても過言ではない。

だから、マスコミ様は「神」としてこの国では扱われているし、マスコミの人間んもそういう意識(政府も警察も裁判所も俺たちに手出しできないだろ?)で振る舞っているわけだ。しかし、ネットという旧来マスコミの数億倍のメディア効果を持つ「マスコミ」が出現し、旧来のマスコミ(新聞とテレビ)はただのミニコミに転落した。なのにまだ自分たちをマスコミと思っている報道様の滑稽なことよ!