Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

赤い殺意

…巨人戦が延長したおかげで、疑惑のラスト10分欠け…orz

とにかく、こういうところから改善しないと野球人気は落ちる一方だっつーの。延長前提なら最初から23:00くらいまで枠を確保して、そのあとの番組の編成に迷惑がかからないようにしてから放送しろよ。延長とかそういうくだらないことはとにかくやめろ。

それができないなら、プロ野球はスポーツ専門チャンネルで放送してればいいんじゃないの?真のファンなら地上波じゃなくても見てくれるでしょ。

とにかく、ひでぇよなぁ…

レス>なんで頭にくるのかわかりません。

「赤い」みたいに毎週放送される番組の予約は、とっくの昔にしてあるわけで、新聞を毎日チェックして野球の都合を伺いながら何週間も前に予約済みの番組の録画時間をちょこまか調整するのが当たり前という発想そのものがすでに不毛ですよ。それを「常識」と考えている時点で野球ファンというのは日本の中のマイノリティーだと思いますね。

そもそも一方的に時間を延長したのは「赤い」じゃなくて野球でしょ。被害を受ける側が「迷惑だ」ということを一方的な意見と考える発想がそもそもよくわかりません。だったら、「赤い」が一方的に時間を延長するから、野球のラストはちょん切れるけどいい?といわれた時に、野球ファンは納得するんですか?

そういうことには納得できないから「延長」ということがはじまったんでしょ?

でも、それは単に「自分の痛みが他人の痛みに転嫁された」だけなのに「そんなのは知ったことか」「自分の責任で何とかしろ」とかいうのはどんなものかと思いますよ。だったら球場に行けばいくらでも最後まで見れるんだから、最後まで見たい奴は中継なんかに頼るな、球場にいる奴だけが最後まで見ればいいんだ、という極論だって通用するんじゃないですか?

自分たちが「結末を見られないのが納得がいかない」と騒いだくせに、他人に同じ目を合わせると「そんなのは知ったことか」ということをやり続けるのが本当に最善策ですか?

繰り返しますけど「やりたいなら最初から枠を確保しろ」「出来なければ出来る場所で確保しろ」と言ってるだけですよ。物事の基本として、他人に我慢や回避策を指南する側がまず先に率先して我慢したり回避策を講じたりするのが筋なんじゃないんですか?

追記 日本中の視聴者が野球の結末をリアルタイムに知りたがっているなら、まぁ仕方ないですよ、私もオトナだし我慢します。で、夕べの横浜戦ですが、6.9%だそうで<視聴率

さらに追記>この文章は「野球ファン」が、とかいう趣旨のもとにかかれたものではありません。あくまでも、こんな編成をしている局や、そういう編成に対してプログラムを提供している主催者に対して「逆恨み」している外野もいるぞ、良かれと思って編成していることで余計な逆恨みなんか買って、本当にそれは得な事なのか?外野としては「違う」と思うぞと、いうことが趣旨です。

それを飛び越えて、テレビの前で延長を見ている野球ファンに対してどうこうという意図は一切ありません。そのように取られたとしたらそれは私の文章の至らないところであり、謹んでお詫びしたいと思います。そりゃ、今リアルタイムに放送されている番組のことについて、それを見ているお前たちがいるのがいけないとか書かれたら頭きますわな。そんなの見ている側にはどうすることも出来ないし、そもそもまったく関係ないし。そういう意図はまったくありませんのでひとつ。