Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

典型的JAZZ

一般的に典型的なJAZZというのはこういう演奏

Sonny Rollins/You don't know what love is

D

泣く子も黙る超名盤「サキソフォンコロッサス」から名曲名演。このジャケ、写真をシルエット処理しているように見えがちですが、オリジナル盤を見ると分かりますが「逆光」です。きちんとロリンズの顔が写ってます。

Miles Davis/Summer Time

D

これも超名盤「ポーギーとベス」から。ギル・エヴァンスによるモダンジャズ和声全開のバッキングを聴け!これがJAZZのコードだ!

John Coltrane/All or Nothing at all

D

超名盤(こればっかり)「バラード」から必殺のAll or Nothing at all。

Art Blakey & the Jazz Messengers/A Night in Tunisia

D

数あるメッセンジャーズのレパートリーの中で最強を誇る「チュニジアの夜」 大音響でお聴きください。

おまけ

Jimmy Smith/The Cat

D

これは典型的JAZZ「じゃない」演奏。Jimmy SmithといえばこれかRoot Downにトドメを刺す。

Jimmy Smith/Root Down

D

D

そこいらへんのJAZZFUNKバンドがションベンちびって逃げ出す、これが本物のJAZZFUNKだっ!

いやー、ジミー・スミス、日本じゃ全然再発されねぇから全貌が全くわからねぇ!(爆