Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

劇場版 ばくわらプリンセス☆Rina! プロジェクト・キッズ 革命のエチュード 予告編

ひまひまに作っていたら無駄にかっこよくて止まらなくなったw

個人的なメモなので読まなくていいです



D

(東宝マーク)

桃子「私は人間を信用しない。メンバーも家族も」

(吹き飛ぶ建物、大都市、戦車、戦闘機)

桃子「こんな世界、いっそ壊れてしまえばいい」

(タイトル「劇場版 ばくわらプリンセス☆Rina! プロジェクト・キッズ 革命のエチュード 予告編」映倫

テロップ「ついにBerryz工房が全世界に宣戦布告」

佐紀「国際社会に告ぐ。24時間以内に武装を解除し、世界統一政府樹立への行動を開始せよ。これは命令だ」

(ロンドンで戦車を踏みつぶす友理奈、「てっぽう」で摩天楼をなぎ倒していく茉麻、笑いながらタイの武装警官隊を蹴散らす千奈美、目から怪光線を出して横須賀のアメリカ艦隊を壊滅させる梨沙子、廃墟と化した上海を悠然と歩く雅)

テロップ「最終攻撃目標」

テロップ「東京」

あかり「いとこから電話が来たんだけど」「リナに会いたいって」

りな「えー、かったるいしぃ」

舞美「あなたがばくわらプリセンスですね?」「私達は」

テロップ「ついに姿を現した最強のヒーロー集団」

テロップ「C-ute

(レンジャー服の舞、佐紀の前に歩み出て)

舞「佐紀ちゃんもうやめてよこんなこと!」

(メガネをかけた早貴、リナたちに書類を示して)

早貴「Berryz工房は一人で水爆一個分の破壊力を持っているからね。下手をすれば地球、ヤバイかも」

(集中治療室で横たわる舞。その手前で舞美を詰っている泥だらけの千聖

千聖「もう我慢できないよ!リーダーがやらないって言うなら私がやる!」

(雅と距離を取って対峙する愛理)

愛理「本当は梨沙子のほうが良かったんだけどな。。。でもまぁ、雅でもいいか」

(世界ヒーロー連合の上層部を説得している舞美)

舞美「まだ希望はあります。私達キッズにあの子たち、プロジェクト・エッグの力を合わせれば」

田村「東京だけが無事でいられると思っていませんでしたが、まさか、一度に4人とは」

(都内各地で暴れまくる、梨沙子、雅、茉麻友理奈

かな「これがほんまの怪獣総進撃やな」

りな「うわ、かったりー。。。」

舞美「卵を見せてもらっていいですか?」

りな「え?どうしてそれを」

テロップ「今明かされるばくわらプリンセス誕生の秘密」

テロップ「幻のプロジェクト・エッグとは?」

(秘密基地内、睨み合う佐紀と舞美。背後で銃撃戦の音)

佐紀「マイハマン、メーグル、イエロー梅さん。人間たちが傷ついた私達の仲間に何をしてくれた?」

舞美「それでも、それでも私達は、人間の一部であるべきです」

佐紀「舞美、私達は、バケモノなんだ。しょせんバケモノなんだよ」

田村「分かりました。核ミサイルです。北極海ナチスが落とした核ミサイルがBerryz工房の切り札なんです」

あかり「やべぇじゃん」

テロップ「迫り来る核ミサイル発射の危機」

(ぼろぼろのりなたちの前に立っている千奈美友理奈

千奈美「それで、わたしたちはどうしたらいいの」

(キャプテンと桃子)

桃子「Berryzステーションは裏切ったようです」

佐紀「最後通告を」

(核ミサイルサイロで激しい撃ち合いになっている、Berryzとレンジャー服姿のC-ute

かな「(叫ぶ)つぐながさん、やめてください!本当にこれでつぐながさんの願いが叶うんですか?これでほんとうにいなくなったメンバーの魂が救えるんですか?つぐながさん答えてください!」

(核ミサイルの有人操縦席の桃子)

桃子「(無言)」

(瀕死の佐紀、コントロール装置に取り付いて、発射スイッチに手を伸ばす)

テロップ「人類最後の時は来た」

(タイトル「劇場版 ばくわらプリンセス☆Rina! プロジェクト・キッズ 革命のエチュード」)

桃子「私達の見た地獄を、お前たちにも見せてやる」

桃子「お前たちも、滅びればいい」

テロップ「お得な前売鑑賞券(全4種)を当劇場窓口で発売中!」