Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

帝王賞2018

というわけで上半期最後を飾るグランプリレース・帝王賞でございます。帝王賞は毎年いいところなく負けているわけですが、今年は昨年の反省を生かしてデータの洗い直しを徹底的にやりました。

帝王賞の基本は
前走かしわ記念鉄板。これ以上でも以下でもないのになんと去年は平安S組のワンツーというひどい結末。そう考えると頭はかしわ記念平安Sとなります。
次いでは前走船橋鉄板。かしわ記念でなくても前走船橋でかつ勝っている馬が2着以下によく入ります。
1番人気軽視禁物。勝てなくてもどこかに引っ掛かりやすいです。
JRA勢であればドベ人気まで必要。去年が典型的なレースとなりました。
連覇なし。連覇はできませんが2着以内はあり得ます。

これらを総合すると
ゴールドドリーム。。。かしわ記念馬。はっきり言ってグリグリの◎ こいつしかいらない
テイエムジンソク。。。今年のトレンドは初G1。有力馬でG1/Jpn1勝ってない奴こいつしかいない。
▲オールブラッシュ。。。かしわ記念2着。非常に穴っぽい。
ケイティブレイブ。。。前走ダイオライト記念。1ダイオライトと言う貨幣単位を作った名馬。昨年の覇者。鞍上福永はダービー勝って乗りに乗っている。ただし、連覇はない。
×アウォーディー。。。前走ドバイWC。同じパターンで3着のあった馬。一応警戒。
そして3着のみに、リッカルドサウンドトゥルーアポロケンタッキーを入れて④⑤-②④⑤⑫-②④⑤⑥⑦⑨⑩⑫で36点。点数が増えたのはテイエムジンソク頭の馬券分があるからで、少し買いすぎかもしれない。

さて、レースは有力馬が先行。逃げたテイエムジンソクが直線失速。直線でゴールドドリームケイティブレイブのたたき合い。そこに大井大得意の追い込み馬サウンドトゥルーがやってきてゴール。

はい、3連単4,310円いただきましたー!実際には枠も買ってたんで配当はもう少しよかったです。

データ通り。素直な決着でした。反省は買い目に対する資金配分で、テイエム頭の馬券は100円、ゴールド頭の馬券は500円とかもう少し工夫した買い方をすればよかった。資金配分は今後の課題ですね。

で、調子に乗って最終レース。ここまでの出目を見ると4人気と5人気が良くきてるっぽい。1人気から4,5,6人気にぶつける枠複として、一番配当の良くない馬券(1-4番人気)だけ300円買ったら、タイトー矢野でそのまんま決着。非常においしい馬券になりました。当たるときはこんなものだと思いました。

日曜のばんえい競馬も連勝したのにトリガミだったので、当たらないわけじゃないんだから当たったら必ず大きくプラスになるような資金配分すべきだなーと言うのが上半期の反省でした。

ではまた~!夏競馬で!

宝塚記念

やはり書かざるをえまい。上半期総決算なわけだし。

結論。

ワーザーは無理。

ミッキーロケットは土曜から爆発を始めた検証中の新モジュール・スノウの▲、ノーブルマーズはぜったにに紐から外せないステップレースの再先着(3着がなぜか人気になったパフォーマプロミス)馬、この2頭を探すのは簡単だったが、ワーザーは無理。なんせ馬体重-27kgで、いつもの香港馬の「出走手当狙い」かと思ってたし。

新モジュール・スノウは検証機。なぜか土曜の東京7Rから当たり始めて、7,8,9Rを連勝。単勝万馬券を含む大当たりで偶然かと思ってたら、続く阪神10R、函館12Rも的中。阪神10Rの時点では回収率が522%という見たこともない(ここまで全部馬券買う前提での数字ですよ?)パフォーマンスを発揮して唖然とさせてくれたツワモノ。なにがこのモジュールを爆発させるきっかけになったのかさっぱりわからん。偶然でもこれだけ連勝してくれたらもうけもんですよ!検証を続けてどんなファクターがスノウの爆発につながるのかわかったら。。。おいしいなぁ。。。

宝塚記念は参考外の結果なので再現性もないと思われるのでここまで。

話は変わってばんえい競馬。日曜日はミントスポット杯。オープンの1戦。このレース、BIG4+1のうち、フジダイビクトリーとキサラキクが出走しているという素人目には鉄板に見えるレース。ところがなぜかフジダイビクトリーよりトレジャーハンターに人気が集まった。理由はフジダイビクトリーは年齢の関係で時計がかかるレース運びをするようになっているので、馬場も重い当日の状況では時計を持っているトレジャーハンターに軍配が上がるというものだった。が、なんとレース前に雨が降り出した。かなりの雨だ。馬場が一気に軽くなる。それでも解説の競馬ブック木本TMは「若い馬に時計が出やすくなるからさらに不利になる」という判断。

これはおかしいと思った。フジダイビクトリーが時計がかかるのは斤量に対して相対的にゆっくり走るから他の馬に先着されてしまうのであって、雨が降り出して一気に軽くなった馬場であれば負担重量(斤量)の問題は無視してよいと思った。そうなれば1tの重量さえ引くことのできるフジダイビクトリーが普通に走ればこのメンツで負けるはずはない。格が違いすぎるのだ。相手はキサラキク。なんとこの時6番人気である。キサラキクは古馬重賞戦線では牡馬に歯が立たず悔しい思いをすることが多いのだが、それは牝馬であるにもかかわらず強すぎて斤量を重めに乗せられているからだ。本来キサラキクはスピードスター賞に出るくらいの「快速馬」である。馬場が軽くなればフジダイビクトリー以外に負けるわけがない。それくらいキサラキクというのは「速い馬」なんだ。仮にもBIG4+1の+1。どう考えてもフジダイーキサラキクでワンツーフィニッシュする以外に結果なんかあるわけないのである。残りは3着を探せばいいのであって、カンシャノココロを含む4点で3連単9,740円だった。

いくらなんでもBIG4+1をなめ過ぎではないかと思ったし、そもそも当日は内有利とずっと言われていたのに何でこれが(ry

最終レースはまた内枠有利と思い①-②-③④⑤⑥でえいやっと買ったら、3着は⑦で血反吐をはいた日曜日であった。おしまい。

安田記念

毎年、このレースだけは取れる安田記念。今年も問題なく的中。ダービーで弱気になってしょぼい買い方をする経験から、今回は「200円」買ったので1万円以上の配当が! 残念ながら3連単はそもそも買っていなかったのであれですが。どうやって取ったか。


外人外人戸崎。

当日の買い目は他に外人-外人-武、岩田、石橋、福永、川田。ここまでが範囲。これは何を並べているかと言うと、東京芝1600mの勝率を並べている。
ルメール。。。30- 19- 13- 49/111 勝率27%
戸崎。。。24- 22- 14- 94/154 勝率15.6%
デムーロ。。。14- 7- 10- 39/ 70 勝率20%

この3人が上位でかつダントツである。勝率でこのあとは福永(13.3%)、石橋(9.5%)、武(13.3%)、川田(19.2%)となる。
このまんま買えばいいじゃないか。何を迷うことがあるのか。

ていうか、安田記念、荒れるときは馬番10番以降の789番人気が勝つにきまってる。堅いときは内枠の1、2番人気が来るに決まってる。これと、去年やおととしにも書いた安田記念の特徴を組み合わせると、決勝着順のまんまと言う結論しか出てこない。まぎれがある場合は戸崎が来なくて、ここで選んだ日本人騎手のだれかが来るというだけだ。川田は前が壁になってしまって直線で出られなかったけど、安田記念、馬体の小さな馬は必ず前が壁になって出てこれないんだよねー。ペルシアンナイト、+8で490kgで出てきてるけど基本的に480kgくらいの馬。安田記念、480kg未満の馬は直線で前が壁になって出てこれなくて負けるんだよねだいたいw これも2年前にに書いたまんま。絶対はないとは思うけど、小型馬は包まれて前をこじ開けられなくて自滅と言うのはレース全体の基本的な展開やそもそものコース特性から導かれるものなので、安田記念が1600mで東京コースで行われる限りは同じことが繰り返されるんじゃないですかね。

そゆわけで、今回は馬券買うの楽だった。win5阪神が全く分からなくてあかんかった。東京はキングクリチャンもモズアスコットも見ているわけだから阪神がもう少しわかりやすければ1000万馬券だったんだけども。。。わからないときはしかたないよね。


アエロリット。牝馬は来ないとか言われてましたが、ウォッカ来てるし。安田記念牝馬が来ないのじゃなくて馬格が小さい馬が来ないのであって性別関係ないから。アエロリット当日502kgで出てるんだから、嫌う理由が全くない。鞍上はダービーでも会心の騎乗だった唯一神戸崎。買うしかない。買うしかないのだった。迷うところじゃなかった。

てなわけで、残すところ宝塚のみ!軸馬予測法は重馬場得意だから、できるだけ馬場がぐちゃぐちゃになることを希望するよ! またね!

今週の切ったったー リスグラシュー牝馬と言う事じゃなくて「小さすぎる」 武だから何とかするかと思ったけどやはりだめだった。買ったので切ってません。でも安田記念では切ってもよい馬です。ウエスタンエクスプレス。香港から来たとかいうのじゃなくてこれは「大きすぎる」 大きすぎる馬は安田記念は来ません。ヒーズインラブも同じ。ここいらへんはまとめて切りましょう。来年も同じ傾向だと思うよ! てなわけで今週の切ったったーはここらへん! またね!

3たびWIN5

と言うわけでダービー、皆様いかがだったでしょうか? うちはもちろん3着馬が入ってなくてあえなく玉砕。。。どういう3段で組んだかと言うと皐月賞上位馬ー皐月賞上位馬ー別路線1着馬 これでいいじゃんと思うでしょうけど、入れたのは青葉賞京都新聞杯までで、肝心のプリンシパルS1着馬は切っちゃってる! 今日はこの手の「なんであと一頭なのに切ったの!?」のオンパレードで死にました。。。公営もずたずた。収支見たくない。。。

さて、そうは言いつつも、本日、今年3本目のWIN5を的中させました!

東京8R ④-⑧
京都9R 6-10-⑬
東京9R ⑦-13
京都10R 1-②-4
東京10R 1-5-8-11-12-16-⑰
(丸囲みが的中)

2x3x2x3x7=252点でWIN5です! 東京8Rは1着同着でしたが両方とも見ているので問題ありませんでした。これで2,457,220円です。
前回同様、購入できる常識的な点数でのWIN5となりました。今年3本目です。

WIN5が的中できるときは軸馬予測法で用いるそれぞれの予測機の各競馬場における「1着入線」の率(単勝率)にばらつきがないことが必須条件となりますが(さもないとどの予測機の目で買えばいいのかわからない)、本日もダービー以外は「ほぼこれだろう」「まぎれるとしてもこれ」という傾向がはっきりと出ており、それに基づいて印を打って前回同様に「常識的な点数で」WIN5に至りました。特に東京8Rは④または⑧というはっきりとしたデータが手元にあり、なんとそれが同着と言う結果になりました。また、東京9Rは1着と3着を京都10Rは1着と2着を指定しており、レースにまぎれが多少あってもこの買い目で決まっていたものと思われます。配当は変わってしまいますが。

ダービーだけはオッズが信用できず、データ派的に導いた「1着になりそうな馬」を多数指定していますが、そこに至るまでの点数が36点と少数のため7点も指定することができました。7点買えば単勝は大体当たります。したがって、京都10Rまで的中させた時点で当日のWIN5の的中は見えていました。データ派的にはデムーロルメール、武、1枠1番、皐月賞1着馬、皐月賞1番人気馬を押さえておけばダービーの1着はほぼ入っているわけで、ダービーは点数こそ多かったですが、当てるのは簡単でした。

というわけで、1.6か月に1回、WIN5を的中できるようになりました。

「軸馬予測法」は最初1着馬を探すことから始まりました。これは3連馬券を購入するときに、1頭事前にわかっていれば探すのは残り2頭になるわけだから、軸馬を除いた後に馬連が当たる程度の予想が出来さえすれば容易に3連馬券が的中できるという考え方によるものです。実際には「謎の1頭」問題が立ちはだかり未だ3連馬券を確実に取ることには至っていませんが、昨年の9末に一応完成機として最初の予測機である「カノン」をリリースした段階で、一定の確率で1着を的中させることはできるようになりました。これは確定1番人気から導いたよりも高い的中率での実装です。本日のカノンの勝率は37.5%回収率109%です。一般的な1番人気の勝率は33%弱、回収率は78%とするデータがありますが、カノンはこれを超えています。超えていなきゃ意味がないので超えるように作ったのですが期待によく答えてくれています。これにサブモジュールであるシラン、マリーゴールド、シルベチカを組み合わせることで全日の単勝的中率を限りなく100%に持っていこうというのが「軸馬予測法」の現在の姿であって、メインモジュールとサブモジュールのどれが当日の「当たり」機であるかさえわかれば、単純に「当て続ける」ことができるわけです。だから、WIN5の解は容易に入手できるのです。

(これがトリプル馬単になると話は別です。トリプル馬単の解を導くためには「2着率」の検出力に優れた予測機を開発しなければならないので、少なくとも「軸馬予測法」の各モジュールは通用しません)

そういったわけで、軸馬予測法によるWIN5はついに「いつ当たるのかわからない」段階を終えて「一定の頻度で確実に的中する」局面に到達したものと思われます。

あとは資金だけなんですが。。。どうなんでしょう。

さて、中央競馬では謎の一頭問題で通用しない軸馬予測法ですが、公営では特に問題なく通用することがわかってきました。正直、中央、難しすぎます。。。公営のほうがわかりやすく当てやすい。頭数が少ないということももちろんあるんですが、「軸さえわかれば後はヒモだけ」と言う考え方が通用するのは実は公営なんですね。どうもJRAではその考え方は通じないような気がしています。

JRAでの馬券戦略は見直しの時期に来ている気がする今日この頃です。ではまた! 

WIN5twitterへの予測掲載は締め切り直前になりますが、できる限り載せる予定です。ただし、傾向がつかめない時は当たらないと思うので掲載を見送ります。載せたときは当たるかも、くらいの感じで生暖かくお見守りください。

今日の切ったったー ダノンプレミアム、ブラストワンピース

 だから、別路線組と皐月賞未参加馬は来ないよ!特に青葉賞馬は来ないよ!なんでこいつらを頭にするの!? ヒモまでにしなさい! 一応、WIN5ではおさえたけど、3連単のフォーメーションでは頭にしてません!だって来ないだろ! 来年もダービーあると思うけど、別路線組と皐月賞不参加組は頭にしちゃダメ!ダメ!本日の切ったったーはこの2頭で決まり!

その後のArrows tab F-02F

Arrows tab F-02Fを購入して楽しく使っているうちにやはりLTEで使いたいと思い、OCNのプリペイドSIMを購入して使ってみたらやはり使いやすい。そこでいったん放り投げていたのだけど、ふと思い立ってしばらくLTEのみで使用していたところ、またWi-Fiがご機嫌斜めになってしまった。仕方なくFXR Wi-Fi fix&rescueというアプリでいったんWi-Fiの設定をリセットして一からやり直した。以前検証してわかった通り、初期状態から全チャンネルをスキャンし終わるまでのいわゆる「イニシャライズ」にバグがあってこれがものすごく時間がかかる。前回もそうだったがこれが数日かかる。最初に2.4GHz帯をスキャンし終わった後(これ自体2日くらいかかる)次に5GHz帯をスキャンしに行くのだけど、これに1週間くらいかかる。その間は電源入れっぱなしで待たないといけない。スキャンが終わったかどうかはWifi Analyzerと言うアプリで周辺の電波が136chまでつかめているかどうかで確認する。そこまでつかんでいると初期化終了で、あとは普通に電波をつかんでくれる。要領としてはまず2.4GHz帯のスキャンが終わったら2.4GHzで運用して、5GHz帯のスキャンが終わり次第そちらに切り替えるという感じ。

現在、5GHz帯でつないでいるのだけど、どうもバンド幅を20から40ないし80にすると不安定になってしまう。20では安定しているのでいいのだけど、原因はわからないのだけど80で繋ぐと何かのはずみに切断した後再接続に行ってくれない。これはものすごく不便なんである。androidの仕様によると言う書き込みも見たけど、バンド幅20MHzなら再接続に行っているようなので謎の挙動としか言いようがない。でもまぁ、以前も書いたけど画面きれいだし、容量もでかいし、買って損のないタブレットだったんじゃないかと思います。

でOCNはプリペイドで使える期間が4末で終わったんでそのまま月額課金モードに切り替え。とりあえず3GB/月にしたけど、節約モードにしたらギガ食わないっと知って「だったら110MB/日コースでよかったんじゃ」と思う今日この頃である。いや、んなことはないか。

再びWIN5

最近、なんにも書いていないbluetoneです。さて、本日は天皇賞。もはや過去の荒れる天皇賞は過去のものとなり今年もガチガチで決まってしまいましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。わたしはシュバルグランからの馬券を買おうとして締め切りで買えませんでした! が、これ買うとトータルで3000円になっちゃうからガミっちゃうし、かわんで正解だったかなと。


それはさておき、本日再びWIN5的中となりました!本日の配当は3,846,500円!300点での的中です!前回は144点で10万馬券でしたが、今回はおよそその倍で380万円のプラスとなりました!。。。。買ってないですけどねw 資金がなくてとても3万円は捻出できんかった。。。


軸馬予測法をやってはっきり分かったことは軸馬予測法とWIN5はめちゃくちゃ相性がいい! 軸馬予測法は不要な馬をはっきりと示すので、今回のように4番人気や6番人気が混じる決着でも実はびくともしません。組み合わせの中に1番人気入れてませんが、これは高配当を狙ったんじゃなくて不要だから切ってるのです。てか、東京は2番人気すらいらなかった。それは手元のデータではっきりとわかるように軸馬予測法は作ったので、メインだけ突然傾向が違ってしまうとかそういう予想外のことが起きない限り「当たります」 そう作ったわけだし、今年、2本目がこうして的中したわけだし、そこは設計通りに行ってるんじゃないかと思うわけで、あとは種銭だけ。。。ドワンゴさんあたり軸馬予測法のアルゴリズムを買ってくれませんかね。。。どうですか?

といいつつ、本日はスイートピーSを3連単で取りまして、タイトの単勝も取りまして、ばんえいもほとんど勝ちまして、大きくプラスで終わることができました。年初来TARGETと格闘しながらKLANで予想していた時のパフォーマンスが出なくて苦戦していたのですがここにきてやっとトンネルを抜けたような気がします。

これくらい当たるように作ったんだから当たってくれないと困るよ生活かかってるんだから。。。

というわけで、次はかしわ記念だ!またモーニンとノンコノユメがでてくるよー!さあ、どうなのかなぁ? たのしみ! またね!


あ、香港、パキスタンスターはわかったけどヒモで轟沈。前走ハンデ戦のやつとか買えんわ!買えんわ!

WIN5

今年の目標をWIN5で100万馬券的中させることに決めたわけですが、win5、なかなかに難しい。5の5乗で3025点買えば的中するのではと言う机上の空論を立てたものの、予想外に変な決着が多くその点数では届かないことがわかってしまいどうしたものかなーと思っていたわけです。

んで、ここのところ単勝回収値が向上の兆しを見せ始めて、全体的にいい感じになり始めたところで、午前中が◎の成績が非常に良い日になりまして、サクサクっとWIN5を組んでみました。144点。

で、パタパタパタっと的中して、運命の高松宮記念。このレース、まず上位が飛ばないレースとして知られていて、WIN5最後のレースとして付けた印は

レッドファルクス
レッツゴードンキ
ファインニードル
レーヌミノル

の4頭。オッズで選んだわけではなく、データを見る限りこの4頭でまず間違いないところ。ほかのレースは2点または3点で的中させるプランのため、このレースのみ万が一を考えて4点印を打つという。レーヌミノルだけ例外の馬なんですけど、この馬、なんで走らないのかわからないくらいいいデータを持ってる。おそらく夏越して秋には復活と思っているのですけど、早めにおさえておくのもいいと思ってここで指名したわけですが、細かいことは置いといて


WIN5的中!

配当は目標額の1/10の111,520円で思わず「やっす」と思ってしまいましたが、当たらないことには何も始まらないわけで、今回初のWIN5的中となりました。144点と言うのはかなり絞った点数でかつ、買えない金額でもなければ、1日の損害として出せない金額でもないわけでこの点数で的中できたというのは、昨年来の軸馬的中法開発の一つの成果なのではないかと思うわけです。

3025点はきついよねやはり。

で、高松宮記念ですが、種銭の関係で3軸での勝負ができず、レッドファルクスから入って沈没。「デムーロはG1で強いが、牝馬と乗り変わりは着外」と言うデータ通りの結果となってしまいました。。。ドンキちゃんでよかったんだよね結局。


ばんえい記念は枠番2468+7で完璧と言う予想を立てて馬券を買って、6-4-8と言う決着になったわけですが、気が付くと7のニュータカラコマが倒れているという残念な結末になってしまいました。ばんえい記念、恐ろしく重い馬場であるにもかかわらず異常な好タイムで決着と言う熾烈なレースとなったのも10歳馬には厳しかったのかもしれません。ゴール板を駆け抜けることなくニュータカラコマの最後のレースは終わってしまいました。ゆっくりおやすみ。もうなにも引っ張らなくていいからね。