Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

原子力災害

とうとう日本でもこの日が来たか。。。こんな地震の多い国で原発は絶対に無理だって大昔から言ってるんですが、絶対に安全だと言って聞かない、っていうか耳を傾けない。今回のケースが一番「想定しやすい」「ありがち」なケースで、想定外とか笑わせるなよ>東電幹部

原子炉ってのは「焼けた石を放り込んで水を沸騰させる圧力釜」なんだから水がなくなりゃ空焚きになるしかないんだよ子供でもわかるだろこんなこと。


今最も恐ろしいことは水蒸気爆発で格納容器の天井が吹っ飛ぶことでそれは

冷却不全→圧力増加→逃し弁開放→冷却材喪失→崩壊熱による核燃料損傷→水蒸気爆発→格納容器破損→大気侵入→水蒸気爆発(大爆発)→核分裂生成物質の環境中への大放出→降下

いま、燃料損傷ステップまできてるので、冷却できなければ水蒸気爆発から最後のステップに進むんじゃないですかね。これがチェルノブイリシナリオ。冷却出来ればそこで止まりますがそれでもTMIシナリオ。黒鉛炉と軽水炉は構造が全く違いますが、大まかに分けりゃこのどっちかになるでしょう。

逃し弁が開かなかったとか、開けたら閉まらなくなったとか、そう言う笑えるシナリオになっていないのが幸いですが、冷却水の補充ができない状態で逃し弁開けてるってのは、もう炉心損壊を「覚悟」してのGOであるわけで、それ聞いた瞬間に涙が出てきました。


原子炉ってなんか偉そうな気がしますけど言葉だけ聞くと、実態は湯沸かし器ですよ。ただの湯沸かし器に「金になるから」原爆を使おうぜというのが、東電を筆頭にした原子力マフィアと呼ばれる人たちの正体で、そんなもん薪燃やしとけよ!という程度のもんですよ。


大災害時にものすごく足でまとうな存在になるのが原発って奴で、その無理を通すために設計をするときに「大災害は想定しない」ということをやる。

そう言うツケがね、巡ってきたんですよ、日本に。地震災害は天災ですが、残念だけど原子力災害ってのは人災以外では起こりえない。今回のケースのように「地震が起きたらと想定したら認可が降りないから地震は想定しないことにしましょう」と作ってしまう。その結果が、今進行しつつあるカタストロフであるわけで、僕はそんな奴らがでかい顔してのさばってるのを見ると悔しいくって悔しくってしょうがない。


みんな、東電幹部が「想定外」って言ってるの、これをチャンスに「そう言う既成事実を作っちゃえ」という「嘘っぱち」ですからね。ここで騙されたり同情したりしたらもっともっと最悪のことしますよ彼らは。だから、今こそ自分で調べて見極めてください。



僕は東京電力さんのお偉いさんのお給料ののために被ばくして死ぬなんてまっぴらです。勘弁してもらいたいんだ本当に。


追記

この記事を書いた数分後に福島第一原子力発電所一号機で「大爆発」に至ったようです。逃し弁を開いて冷却材を喪失した結果、格納容器内の温度が急上昇し、水蒸気爆発に至ったと見られます。残念だ。わかりきった結末とはいえ、残念だ。一号機の建屋が骨組みだけ残して吹き飛んだようです。

追記

水素爆発の可能性も示唆されているようですが。いずれにせよ格納容器が吹き飛んでる現状では同じことです。重要なのはプロセスじゃない。軽水炉だろうが黒鉛炉だろうが同じというのはそういう事です。結果として、核分裂生成物が曝露されてしまったらおしまいなんです。


核分裂生成物質と私たちはいいますが、それが「死の灰」です。ヒロシマやビキニで降った奴、あれが核分裂生成物質です。


もう、終わってしまった。