Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

ハロプロ研修生 発表会 2014~6月の生タマゴShow!~@ディファ有明(15:30/18:30)

生憎の天候の中、ディファ有明に行ってきました。手元のチケットは30列と28列。ディファの構造上、後ろは何も見えないので、泣く泣くチケットを捨てて娯楽でファミリー席を買い直し。全部捨てるのは悔しいので、18:30のぶんだけ買った。2500円ナリ。今回のチケットは各所で大暴落。殆どの席がファミリー席の上に、一般席は最後方のつんぼ桟敷、Berryz工房、'14、スマイレージ℃-uteが同時開催という状況でチケットが売れるわけもなく、4列定価は当たり前という状況。こんな無茶な開催は以後謹んでもらいたいと思ったのだのだ。


発表会は主力と中堅が完全に不在な状況で、サブ担当の最高幹部たちがいかに場をまとめるか、自分の実力をいかんなく発揮できるかが見どころだったが、吉橋(リーダー)、小川、田口3名とも己の実力をいかんなく発揮する圧倒のパフォーマンス。特に、実質エース格の吉橋くるみのエーダーっぷりが光った。お前は高橋愛か!エロ柔らかい感性を身にまとう研修生のおっとりさん小川れなこ、研修生界の小さな巨人田口夏実の圧倒するフェイクの見事さも随所に光る。とくにたぐっち、むすぅと並ぶとまた少し少しだけ背が伸びた気がする。もしかして成長期が来たんではないかい。


カエディの影に埋もれがちだったいっちゃんもここに来たやっと存分の活躍。きしもん、みなみなはエース級の扱い。桜子が成長して(スキルのほうじゃない)一瞬だれかわからないという事件も。。。一瞬の瞬発力がここでも光る井上ひかる、歌はまだだが動けるようにはなってきた三瓶、宿命のライバル、山木梨沙と次期ユニットリーダーの座を争うまなかんの勇姿(ただし、見せ場が少ない。。。)、荒っぽいアネゴ唱法で観客のド肝を抜くその山木理沙、山木組エースのだんばらんのマルチユースな歌唱力の素晴らしさ、ロースキルながらロングソロでも声が途切れない逸材新沼希空など、各研修生に存分に見せ場があった。残念ながら、山木組のもう一人の歌唱メンむすぅはほとんど活躍の場がなく、朱音ちんの見せ場はラスト曲だけ、たなかれに至ってはほぼいただけという雰囲気に終わった。ゆ-めいは、よくわからんかった。21期は、まださっぱりわからん状態だな。


ジュースは、ちゃんさんの凄さ(文句なしに凄い!)といよいよスキルの上がってきたゆかにゃんが見どころ。他の3人はお付き合いで出てきてる感じになってきた。そろそろ研修生からは卒業すべきではないかと思った。新曲は悪くない出来。しかし、ハダキスやロマンスのように上がるわけではない。黒い蝶の方に期待。



そんなところ。感想としてはとにかくユニゾンが分厚くて素晴らしかった。℃コンを思わせる分厚さ。いっそ研修生で武道館やったらえんや!そう思わせてくれるカッコい研修生発表会であった。



むすぅは誰にもわたさんっ!