Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

遙かなる国立

℃-ute 公式ブログ/ツアーFinal (・∀ - GREE

色々あったけど、℃はかつて最大規模の会場として選択し、見事に大失敗して撤退したパシフィコ横浜国立大ホールにふたたび帰ってきた。あの時7人いたメンバーはもう5人になってしまったが、もはやかつての5人ではない。この5人はパシフィコ横浜のチケットを一般発売10分で売り切った5人であり、続く目的地を日本武道館に据えた5人だ。


本来、ももクロを追撃すべき立場にいたはずのスマイレージははるか後方に千切れ、まさかと思われた℃が文字通りの快進撃でももクロを猛追して行く。2012年の冬のハロコンで君チャリを歌う℃を見た時にすでに武道館クラスのパフォーマンスをしていると感じたし、当日のblogにも「曲さえもらえれば天下取りに最短距離はこのユニット」と書いた。現実にはそこからここまで「悲しきヘブン」をのぞいたあらゆる曲が期待はずれの出来であり、残念ながら未だにシングルを10万枚売ることさえできていないのが現状であるが、にも関わらず現場のパフォーマンスだけでここまで来たのは℃のパフォーマンス力と何より底力の賜ではないかと思う。娘。やベリに比べ明らかに良曲率で劣後する℃がさらにジャンプアップするには、ただひたむきにパフォーマンスを磨き、可能な限り多くの観客の目にその勇姿を叩きつけるしか無い。


パシフィコ横浜国立大ホールは℃が天下取りに向かうにあたり、奪取しなければならなかった因縁の拠点であり、そしてそこを通過点に武道館へ向かう発射台にふさわしい会場ではないだろうか。


明日、セットリストに変化がなければ、本編ラストは2008年夏と同じ「都会っ子純情」になるはずだ。危機を脱し、ももクロ撃墜に向かう℃の闘志あふれるパフォーマンスをこの目に焼き付けたい。


いったい、あたくしのチケ番号はどこらへんなんですかね。。。<未だにわかんねーw

℃-ute コンサートツアー2008夏~忘れたくない夏~ [DVD]

℃-ute コンサートツアー2008夏~忘れたくない夏~ [DVD]


おまけ

国立大ホールは℃のために用意された会場ではないとのこと。だが、オデッセイがこの会場を抑えていることを知った矢島舞美が「ももクロが国立競技場コンサートを実現させる前にここでコンサートをやりたい」とつんく♂に直談判してこぎつけたハコと言われる。ももクロの目標とする国立は「国立競技場」なのだが、どこまでがボケでどこからがマジなのかイマイチよくわからないが、なかなか唸らされるエピソードであるw