Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

HMVが潰れる

池袋のHMVが潰れることになり全品30%offのヤケクソプライスに。そこでとりあえず適当にCDを買ってみたよ。

Doug Carnが変名で録音したスピリチュアルジャズ作品。奥さんに逃げられてボーカルがいなくなたため自分で歌うという大欠点を抱えたこのアルバム。はっきりいって歌わなかったほうが良かったんじゃねという気がひしひしと。。。おすすめは6曲目と7曲目。いいアルバムだからとりあえず買っとけ。

GGのBN作品に参加していたことばかりが語られがちなビリー・ウッテンのライブ盤が完全版+Blu-spec化されて新発売。これはOFF対象外。再販制度許すまじw

サックス奏者エイゾー・ローレンスの1974年作品。Prestigeの10000番代はすべて再発されるべきという持論を持つbluetoneとしてはここいらは見つけ次第即買い。とにかく、10000番台、全部再発してください! いいアルバムざくざくなんだから!ちなみにこの作品のボーカルはDoug Carnの逃げた嫁!このあとEW&Fに加入するという変な経歴の持ち主>Jean Carn

内容は直球ど真ん中!さすがエルビンとマッコイの薫陶を受けた人材だけあって下手な小細工を一切せずにハードドライビングな演奏を叩きつける。モーダルな展開を基調に鋭角な和声、鋭角なフレ-ジング、一筋縄ではいかない変拍子中心のリズムフィギュアなどいわゆる「ストレートアヘッドなモダンジャズ」好きにはたまらない珠玉の1枚。

ちなみに「スピリチュアルジャズ」ではまったくありませんからお間違えなく!(強いて言えば終曲はかなりそれっぽいが。。。これ単純に「変わった曲」だよな。エイゾー版「至上の愛」だ)

ストラタ・イーストには地雷盤も少なくないがこれはどうか。まだ聞いてないが、これ買ったことなかったっけっか? ど直球のスピリチュアルジャズ。これと上記エイゾー・ローレンス作品が同じカテゴリに聞こえるって耳おかしいよ!>小川何某

[rakuten:mcshowa:10009576:detail]

一時期からJAZZ入門本に必ずと言っていいほど取り上げられるようになったヨキ・フロイントの変態アルバム。エバーハルト・ウエーバー(b)参加というのが非常に気になる。昔はウニオンにいくと必ず並んでいる定番変なジャケCDという感じで素人お断り感がガンガン漂うアルバムだったのがいまや入門盤に。世の中変わったのかガイド本を鵜呑みにして地雷を省みないアホが増えたのか。。。


ついでに

pop save the world!!(初回盤DVD付)

pop save the world!!(初回盤DVD付)

これも買ったよ!あとでレビュー書くもんねw