Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

埋め草2

摩天楼ショーを聞いていて思うのは、アースファンクは結構なんだけどもう少しアレンジのバリエーションがないものかという部分で。単純につんく♂の2011年初頭くらいからの音にはニューソウル色が欠けている。ディスコにはファンクから行ったものとニュー・ソウルから行ったものと二種類あると考えるが、後者の要素を含んだ曲もそろそろあって良いのではないだろうか。そこで、これだ

ソウルこれっきりですか

D

演歌チャンチャカチャンのソウル盤、ボーカルはともかく、アレンジはそこそこ頑張っている。ツナギの部分で強引に行こうとするところで編曲者の本音が見え隠れするところがミソ。ビューティフルサンデーに入るところが聞きどころだ。

おまけ

ソウル・フランケンシュタイン

D

プレ・テクノ作品であるソウル・フランケンシュタイン。アタマに変な中華フレーズがある以外は全くソウル色がない珍作。右chのシンセメロが今聞くとちょっと過剰だがかっちりしたミニマルビートは今聞いても古びない。

おまけのおまけ

怪僧ラスプーチン/ボニー・M

D

ベリの初期のサウンドはここいらを下敷きにしていた。これはこれでいいと思うが、この方向には戻らんでほしいな。