Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

The 摩天楼ショー

D

80年代の渡辺宙明みたいなサウンドである。編曲鈴木俊介なのに平田祥一郎編曲の「地平本願」や「ブス哲」みたいな重ねが出てくるのはちょっとどうかと思う。おそらく渡しているネタ元に忠実にアレンジしているんだとは思うけど、そもそも鈴木俊介平田祥一郎もディスコやファンクについては「白紙」なんじゃないかと思ってしまうような「同案異曲」になっているのはどうかと思った。平田祥一郎ののほうがテクノ入ってるというのはわかるんだけど、これじゃあ選んでるシンセのバンク違いくらいの差しか感じられないわけでちょっとなぁという印象を受けた。具体的な評価はCD音源待ち。