Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

考えるヒット

近田春夫センセイのナチュラル/不自然評。前作くらいまで評価が滑り落ち気味に低下していた(「音楽好きに受けそうというよりはむしろTVのプロデューサーあたりに受けそうな」とまで揶揄られた。これは「音楽」としては事実上の死刑宣告に近い)Perfme。今回は返す刀で「”音響的”にはおそらく我が国屈指の新しさを誇っているわけで」と評価が180°ひっくり返っている。不自然は、どう聞いてもそんなに新しい音には聞こえないものの、一方のナチュラルに対しては「ところでこのM2をパッと聴いた時にスクリッティ・ポリッティの音を思い出した」ときた。確かにそのまんまの音なんだけど、これはポリリズムアンダーワールドを下敷きにしたみたいなもので実は本質ではない気がする。だって、不自然みたいなJ-POPは過去にも存在したけど(もちろんアーチストはPerfume)、ナチュラルは過去のPerfumeすらやっていない新境地であるわけで、自分はやっぱコッチの方に目新しさを感じる。実際はどうか分からないけれども、NHKで聞いたナチュラルのブユブユしたベースラインは圧倒的だった。