Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

LIL / LIPS IN LUSH (EMIJ)

LIPS IN LUSH

LIPS IN LUSH

柘植敏道とVOのucio(うしおではなくゆしおと発音)の2人で構成されたエレクトロユニットLILの第一弾アルバム。昨年来iTuneエレクトロチャートで首位を連発していたユニットだけにこの最初のアルバムでどのような全貌を現すのか期待がかけれらていた。が。

うーん。。。2010年の音じゃないだろこれ。メジャーの音なのだろうけど保守的すぎる。この先の音を聴かせてもらえないとCapsule亜流のレッテルを貼られても仕方ないと思う。同発が「PLAYER」でさえなかったらとも思うが。。。

曲としては「"Moshi Moshi" Radio」と「Supersonic」がおすすめ。やるせない感あふれる前者と疾走感あふれる後者が本アルバムのハイライト。残り曲は去年出して欲しかった感じが。。。


おすすめ度。。。☆☆☆(良くも悪くも2009年の主流サウンド。2010年になってもまだこの音ではレーベルも本人たちも売り方に困ると思うのだがどうなんだろう。基本的に2009年の音源が遅れてパッケージ化されたわけだからサウンド的に「過去」なのは致し方ないとは思うのだけど、それはメジャーレーベルの理屈だ。今欲しいのはこの先の音だろう。この音なら去年嫌と言うほど聞いた。高水準のダンストラックであり悪いところはないとは思うがいくらなんでもリリースまでに時間がかかりすぎた。旬を過ぎたと感じる分星を落とした印象。三つ目の星はご祝儀ということで)