Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(ネタバレ)

ネタバレするぞ


VSゴジラだった。びっくりするくらいVSゴジラだった。VSゴジラというのは84ゴジラで復活したシリーズがVSデストロイアでいったん終了するまでのシリーズで、続くゴジラ2000からファイナルウォーズまでのミレニアムゴジラと対になるシリーズである。

今回の映画は予告を見る限り三大怪獣地球最大の決戦のリメイクを想像させるものだったのだが、フタを開けるとVSゴジラだった。開缶直後からエンドクレジット後のオマケまで、これでもかというくらいVSゴジラのハリウッド予算による再撮部分が出てくる。

VSゴジラで伊福部先生が困った(昭和ゴジラでも困っていた)ことが今回の音楽担当者をも困らせているのが深い因果を感じさせる。そんなところまでVSゴジラを再現しなくてもいいんだよそこはとおもた。

ストーリーには触れないが、我々が最も高く評価しているスペースゴジラでいつも「あれいらなかったなぁ」「あれなんで出したのかなぁ」と話題になる要素がいっぱい出てくるのが本当にVSゴジラである。

一部、ミレニアムゴジラも入ってるなぁ。。。


結論 これは「ゴジラVSキンググドラ」のリメークである。なぜ未来人と安っぽいアンドロイドと片言の日本語でしゃべるガイジンを出さないのか!そこが不満だった。評点は100点中満点。

追記 メカ描写がなぁ。。。どこにでも数秒で飛んでいく(ようにしか見えない)やたら丈夫な移動基地ってなんとかならなかったのか。お前は普段どこにいてどういう移動経路で現場に現れるんだよ。内部でミーティングするところがやたら広い割に格納庫が外見相応に狭い。サイズがわからねぇ。

あと、潜水艦のデザインがダサい。ゴジラVSキングギドラの潜水艦は確かにああいうデザインだったからそうなったというのはわかるのだが、向かったところのシチュエーション考えるとスーパーメカ的なデザインが欲しかった。シービュー号とか、エクスプローラー号とかあるじゃないかかっこいい潜水艦。シーマリンまで行くと「ここだけあからさまに違う番組になってる」感が出てしまうのでナニだが、でも、しかたねーよ。いきなりファイヤーマンの1話になるのはおかしいだろアソコ。そこから強引にVSキングギドラのダイジェストに持っていくのは脚本の馬鹿力のスゴさである。てか混ぜすぎ。