Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

帝王賞2018

というわけで上半期最後を飾るグランプリレース・帝王賞でございます。帝王賞は毎年いいところなく負けているわけですが、今年は昨年の反省を生かしてデータの洗い直しを徹底的にやりました。

帝王賞の基本は
前走かしわ記念鉄板。これ以上でも以下でもないのになんと去年は平安S組のワンツーというひどい結末。そう考えると頭はかしわ記念平安Sとなります。
次いでは前走船橋鉄板。かしわ記念でなくても前走船橋でかつ勝っている馬が2着以下によく入ります。
1番人気軽視禁物。勝てなくてもどこかに引っ掛かりやすいです。
JRA勢であればドベ人気まで必要。去年が典型的なレースとなりました。
連覇なし。連覇はできませんが2着以内はあり得ます。

これらを総合すると
ゴールドドリーム。。。かしわ記念馬。はっきり言ってグリグリの◎ こいつしかいらない
テイエムジンソク。。。今年のトレンドは初G1。有力馬でG1/Jpn1勝ってない奴こいつしかいない。
▲オールブラッシュ。。。かしわ記念2着。非常に穴っぽい。
ケイティブレイブ。。。前走ダイオライト記念。1ダイオライトと言う貨幣単位を作った名馬。昨年の覇者。鞍上福永はダービー勝って乗りに乗っている。ただし、連覇はない。
×アウォーディー。。。前走ドバイWC。同じパターンで3着のあった馬。一応警戒。
そして3着のみに、リッカルドサウンドトゥルーアポロケンタッキーを入れて④⑤-②④⑤⑫-②④⑤⑥⑦⑨⑩⑫で36点。点数が増えたのはテイエムジンソク頭の馬券分があるからで、少し買いすぎかもしれない。

さて、レースは有力馬が先行。逃げたテイエムジンソクが直線失速。直線でゴールドドリームケイティブレイブのたたき合い。そこに大井大得意の追い込み馬サウンドトゥルーがやってきてゴール。

はい、3連単4,310円いただきましたー!実際には枠も買ってたんで配当はもう少しよかったです。

データ通り。素直な決着でした。反省は買い目に対する資金配分で、テイエム頭の馬券は100円、ゴールド頭の馬券は500円とかもう少し工夫した買い方をすればよかった。資金配分は今後の課題ですね。

で、調子に乗って最終レース。ここまでの出目を見ると4人気と5人気が良くきてるっぽい。1人気から4,5,6人気にぶつける枠複として、一番配当の良くない馬券(1-4番人気)だけ300円買ったら、タイトー矢野でそのまんま決着。非常においしい馬券になりました。当たるときはこんなものだと思いました。

日曜のばんえい競馬も連勝したのにトリガミだったので、当たらないわけじゃないんだから当たったら必ず大きくプラスになるような資金配分すべきだなーと言うのが上半期の反省でした。

ではまた~!夏競馬で!