Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

WIN5

今年の目標をWIN5で100万馬券的中させることに決めたわけですが、win5、なかなかに難しい。5の5乗で3025点買えば的中するのではと言う机上の空論を立てたものの、予想外に変な決着が多くその点数では届かないことがわかってしまいどうしたものかなーと思っていたわけです。

んで、ここのところ単勝回収値が向上の兆しを見せ始めて、全体的にいい感じになり始めたところで、午前中が◎の成績が非常に良い日になりまして、サクサクっとWIN5を組んでみました。144点。

で、パタパタパタっと的中して、運命の高松宮記念。このレース、まず上位が飛ばないレースとして知られていて、WIN5最後のレースとして付けた印は

レッドファルクス
レッツゴードンキ
ファインニードル
レーヌミノル

の4頭。オッズで選んだわけではなく、データを見る限りこの4頭でまず間違いないところ。ほかのレースは2点または3点で的中させるプランのため、このレースのみ万が一を考えて4点印を打つという。レーヌミノルだけ例外の馬なんですけど、この馬、なんで走らないのかわからないくらいいいデータを持ってる。おそらく夏越して秋には復活と思っているのですけど、早めにおさえておくのもいいと思ってここで指名したわけですが、細かいことは置いといて


WIN5的中!

配当は目標額の1/10の111,520円で思わず「やっす」と思ってしまいましたが、当たらないことには何も始まらないわけで、今回初のWIN5的中となりました。144点と言うのはかなり絞った点数でかつ、買えない金額でもなければ、1日の損害として出せない金額でもないわけでこの点数で的中できたというのは、昨年来の軸馬的中法開発の一つの成果なのではないかと思うわけです。

3025点はきついよねやはり。

で、高松宮記念ですが、種銭の関係で3軸での勝負ができず、レッドファルクスから入って沈没。「デムーロはG1で強いが、牝馬と乗り変わりは着外」と言うデータ通りの結果となってしまいました。。。ドンキちゃんでよかったんだよね結局。


ばんえい記念は枠番2468+7で完璧と言う予想を立てて馬券を買って、6-4-8と言う決着になったわけですが、気が付くと7のニュータカラコマが倒れているという残念な結末になってしまいました。ばんえい記念、恐ろしく重い馬場であるにもかかわらず異常な好タイムで決着と言う熾烈なレースとなったのも10歳馬には厳しかったのかもしれません。ゴール板を駆け抜けることなくニュータカラコマの最後のレースは終わってしまいました。ゆっくりおやすみ。もうなにも引っ張らなくていいからね。