Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

2017年を振り返って(競馬編)

・2016年からコツコツ作ってきた競馬予測アルゴリズム「軸馬決定法」が完成した(9月)
・「軸馬決定法」のサブルーチン「実験アカウント」が始動。ビギナーズラックで高配当連発(10月)
・「軸馬決定法」の名前をカノン、サブルーチンをモジュールと呼称を改めシランと命名。同時に「謎の1頭」検出器としてマリーゴールドの実証テスト開始(11月)
マリーゴールド万馬券を連発。ついに的中3連単の配当が16万馬券まで伸びる。並行して特別戦専用モジュール「シルベチカ」の検証開始(12月)

ざっくり今年を振り返るとこんな感じになりました。実はこれを書くために去年の後半のblogを見ていたんですけどぞっとするくらい競馬が当たっていない。ダービーでマカヒキを切って以来精神に失調をきたしていたとは言え、とにかく当たっていなさすぎる。その頃に「わかっていた」ことが「ひとつのきちんとした評価軸を持てば入着の可能性を持つある1頭を見つけることはできるがその予測法で見つかるのは"同じ"傾向を持つ馬だけ。"違う"傾向を持つ馬を評価する評価軸から検証しなければ"違う"傾向を持つ馬は正しく評価できない。したがって、ほぼすべてのレースでその馬が飛び込んできて馬券の成立を困難にする」こと。だが、bluetoneと言う人間は人生を一回しか経験しておらず、競馬に関する経験も限定的だ。一人の人間が先入観なく複数の評価軸を正しく持つことはおそらく困難だろう。

そこで年初から漠然と考え始めたのが「せめて1頭だけは正確に予測できれば残りは2頭探せば良いことになるので3頭探すより的中馬券を手にできる可能性が上がるはずだ」というものだった。できることをまずきちんとできるようになることだけを考え他はすべて捨てることにした。どうせ当たっていないのだから何の問題もない。資金ショートまでに完成品ができればよいのである。腹を括った。

・とりあえず1頭はわかったつもりになる。しかし実際の単勝的中率は27.1%である。(1月)
・年初から始めた◎2着付でそこそこ儲ける。テイエムジンソクを「発見」する。単勝的中率27.8%。(2月)
・異常オッズ検出をやろうとして時系列オッズを調べていった結果、どうも発売開始前のオッズが使えることに気づく。25.9%(3月)
・このころから人工知能による競馬予測が界隈で盛り上がっていることを知る。なぜか電脳賞初日に「松風」さんの存在に気づく。勝率28.7%(4月)
人工知能勢がなぜか各種アルゴリズムの解説をblogやtwitterで行う。それを読んで「軸馬決定法」で自分が何をやっているのかの概要が初めてわかったようにカンチガイする。勝率28.8%(5月)
・時系列オッズの概略がわかったのでパラメータの微調整を開始。勝率の向上が始まる。勝率31.3%(6月)
・勝率34.4%、回収率98.4%。月間プラスが見え始める(7月)
・小倉、新潟で大敗。場による得手不得手があることがはっきり見え始める。単勝的中率27.0%に低下(8月)
・9/10に複勝圏内率9割に達する。単勝的中率も4割オーバーの日があり、精度的な天井に付きあたった事を理解する。勝率34.6%(9月)
・的中精度4割はいいとして、残りの6割にまだ当たりが埋まっていることに気づく。「軸馬決定法」と別に検証を続けていた「決定的気づき法」のアルゴリズムを取り入れた実験アカウントを立ち上げる。メインの勝率34.1%。(10月)
・実験アカウントの月間回収率が100%を突破したのに驚いて、続いて3匹目のどじょうを狙ったマリーゴールドを立ち上げるもあまりにひどい成績だったために検証直後に放棄。2代目マリーゴールドを「謎の1頭検出器」として改めて検証開始。メイン勝率34.2%(11月)
・2代目マリーゴールドがまりにもあっけなく設計通りのパフォーマンスを発揮したものの、「謎の2頭目」に対して本気で歯がたたないのに業を煮やして、4つ目の検証機「シルベチカ」をリリース。特別戦で無類のパフォーマンスを発揮するも回収率がとにかく悪かった。マイルCS以降のG1で負け無しで年末まで到達した。カノンと命名したメイン機の勝率が35.9%まで伸びる。右肩上がりのグラフが止まらないまま年末を迎えた。(12月)

こんな感じだった。


とにかく軸馬決定法が完成し、勝率が右肩上がりで上昇し、年末には万馬券が的中する人になっていた。信じられない一年だった。


今年できなかったこと
・AI競馬予測機で最も精度が高いと感じているalphimpactさんの軸馬top1の勝率を抜くことができなかった。マリーゴールドリリース後のこちらの万馬券的中も先方の人工知能はピタリ当てており、ナニゆえか追い抜くことが殆どできないまま年末を迎えた。先方が不調なときにこちらが好調であればそれで済むのにナニゆえかそういう日がまったくなかった。。。理由が見えねぇ!来年こそ勝つ!

win5で高配当をぶち上げること。今年はマリーゴールドのリリースによって謎の1頭まではなんとか予測できるようになったわけだが、謎の1頭までわかれば的中可能と推察されるwin5に手を出すことがついにできなかった。なんせ現状では3125点買わなければ的中できない計算であり、もう少し研究が必要ではないかと思われた。だが、資金のめどがあり実際に買えばほとんどの日で的中していた。有馬記念の日の1500万馬券も問題なく的中していた。マリーゴールドものすごいなお前。。。

3連単で安定した配当を得ること。3連複はともかく3連単はなぜかタテ目かフォーメーションでの順番の狂いが目立つ1年だった。ここいら辺は「馬券の買い方」の研究が足りてないことを痛感するしかなかった。なんせ「軸馬決定法」も「決定的気づき馬券」も1着馬を探すことだけに特化した予測法だったので、2着馬の研究、3着馬の研究はやってこなかった。未熟だった。

3連単で100万馬券を的中させること。3連単マリーゴールドを持ってしても16万馬券までが限界。☓△▲ならそのくらい着いてもおかしくないと思うのだけどそういう的中に恵まれなかった。配当はコントロールできない。

・「謎の2頭目」問題を解決できなかった。マリーゴールドは謎の1頭を8割近い精度で検出するため、毎日万馬券の予想を得ることはできるようにはなった。だが、もう1頭飛び込んでくる「謎の2頭目」には手も足も出なかった。。。これさえ解決できればほとんど競馬予測に関わる問題は解決できたも同然なような気がしているけど、解決できたらできたで別のリークが見つかるに違いない。まずは謎の2頭目の解を端から順々に解いていきたい。


来年は上記の問題を解くことに時間をかけたいと思います。当面は天然無能で頑張るつもりですが、夜寝らんないのが正直きつかった一年だったので、どこかで機械に置き換えたいとは思います。軸馬決定のためのアルゴリズムは完成品があるのであとはそれを機械ベースに置き換えれば問題ないはずです。いつのことになるのかなぁ。。。


そういったわけで充実した1年を過ごせました。これもご指導ご鞭撻いただいた皆様のおかげです。来年もよろしくお願いいたします。では、良いお年を!