Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

第62回 有馬記念(3歳上・G1 芝2500m 定量 15:25発走 中山競馬場)&第140回 中山大障害(障害3歳上・G1 芝4100m 定量 中山競馬場)

とりあえず両方とも的中した。

中山大障害
基本的に障害レースは予測機を回していないので、使える予測機は検証中のシルベチカだけ。◎△▲で的中。▲が5番人気なので配当を期待したが。。。まさかトリガミになるとは思わなかった。。。3連単930円。名古屋か!

有馬記念
マリーゴールドもシルベチカもクイーンズリングを選択しなかった。が、我々が開発したG1専用人工知能

「外人外人武」

というご託宣を出力したのでキタサンを軸にして、だまって残りを外人でたすきがけにして的中した。こんなんで3連複5,420円!アホかと思うような結末!さすが人工知能3連単は凝りすぎて3着にクイーンズリングとシュバルグランをまとめてしまってハズレ!こんなもんだ!

いよいよ残すところあと1戦!残りのG1も当てるよ!多分これでG18連勝!頑張る!またね!



クイーンズリング。。。まず枠が有利枠。ルメールは有馬出場全騎手の中で近年の有馬記念での成績が最も良い。しかも回収値100円超えで穴馬をぶち込んできてる。有馬記念は外人外人武以前に過去にはウィリアムズなど外人騎手が活躍するレース(ジャパンカップ絡みの短期免許の影響か)ここが引退レースでこの先を省みる必要のない究極の仕上げ。すべての要素が有利に働いていた。

シュバルグラン。。。土壇場でデムーロに体当たり攻撃を食らったシュバルグラン。デムーロが直線で一か八かの体当たりをカマしてくるのは今回が初めてではなく、1昨年の朝日杯でも体当たり攻撃でエアスピネルなどをふっ飛ばしている。どうも、勝たせなければいけない馬が負けそうになるとデームーロには「体当りしてでも止めろ」と言う指令でも出とるのと違うのかこれ。降着にもならないし制裁も甘いし、どうにも腑に落ちない体当たり攻撃で沈んでしまった。残念。ただし、真面目にマリーゴールドの出力を検討する限り僕は来ないかと思ってた。よく3着になったと思う。強いね。

スワーヴリチャード。。。結局7枠はデムーロの力を持ってしても克服できなかった。7枠を克服できたのは近年ではゴールドシップだけ。ただひたすら枠に泣いた。

サウンズオブアース。。。8枠でなければこの馬が来るはずだった。デムーロ兄弟を乗せたときの破壊力は精強無比。調子が悪いのはデムーロ兄弟が乗らないときだけというはっきりした馬だった。だが死に枠の8枠を引いた時点で終わった。8枠はあのウォッカ宝塚記念マリアライトですらどうしようもなかった枠である。おそらくキタサンでもどうしようもなかっただろう。

サトノクラウン。。。雨が降らないとお話にならないサトノクラウン。レコードが出るようなガチガチの馬場でできることはないもなかった。阪神最終で雨が降り始めた時、この雨が2日早く降り始めていてくれたら。。。そう思った。


こうしてみると、外人が乗った馬の内、3頭は走る前から負けている状態だったので、実質キタサンブラックと残り2頭の戦いだった。的中はしたけど、もうちょっと買い方はあったと思うのが反省点だった。


そして、キタサンブラック。逃げた時点で勝った。直線でスパートすると追い込み馬並みの加速で後続を引き離していくその凄さ。馬券的にはダービーから追いかけ始めたが、とにかく安定していい馬だった。お疲れ様!ありがとう!

追記 win5マリーゴールドで全的中だった。こんなんで1500万馬券とか。予測が難しい馬は今週も1頭もいなかった。変な馬が来る余地のない日だった。問題はマリーゴールドは5点出力なので、5*5*5*5*5=3125点買いになってしまうことだろう。種銭があるならマリーゴールドで確実に毎週win5を的中させるというのはどうだろう。