Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

川崎記念

買わなかったので結果だけ。
今回、目としては
◎ケイティブレイブ
○オールブラッシュ
ケイアイレオーネ
△ミツバ
×サウンドトゥルー
と言う感じだったのですが、JRA勢の伏兵コスモカナディアンを見ておらず、さらに武が不発で馬券的にはダメだったわけですが。

勝ったオールブラッシュが全然人気になっておらず、2着のサウンドトゥルーとの馬単が7000円もつくというあり得ない結果で、ちょっと書いておこうと思った次第です。

川崎記念をデータ的に読み解くと
1 勝ち馬は前走連対が必須
2 脚質は逃げ先行有利
3 小回りコースため内枠有利

ということがわかります。
オールブラッシュは3以外はクリアしています。一方、サウンドトゥルーは123すべてをクリアできず。コスモカナディアンは3着なので1をクリアする必要が無いので2と3から本来は切っちゃダメな馬であるわけです。

実際にはケイティブレイブ陣営が逃げ宣言してるわけだから当然こいつが逃げると思って◎打ってるのに逃げないんだからダメだよなこれという感じで。一方で、オールブラッシュは逃げられたんだから内ラチ沿いを走れたので枠不利が効いてこず勝って当然という結果になったわけです。コスモカナディアンは先行馬の中でもっとも内枠を引いた有利が効いて3着を死守できた感じではないかと思います。

で、負けたサウンドトゥルーですけど、別に弱い競馬してないです。川崎競馬場は小回りでコースを6回も回るので外枠の馬は徹底的に不利なんです。後ろからペースを上げていった馬は最終コーナーで大減速しなければならず、短い直線でよーいどんしても届くわけないんです。サウンドトゥルーはこのblogではかしわ記念のときも書きましたが、後ろから行く馬なので逃げ馬が残ったら届くわけないのは一目瞭然、今回だって☓にしたのは最悪「届かないんじゃないの?」と言う疑問があったからで、にも関わらずちゃんと後方から先行馬をごぼう抜きして2着に飛びこんできたのは「モノが違う」からで、アレ以上の上がりなんか出せないですよ川崎では。勝ち馬のオールブラッシュとサウンドトゥルーの上がりが同タイムなんだから、後ろから行くこの馬が前を捉えるなんてことありっこないです。この馬は大井でやっと複勝圏、中央のコースなら圧勝できる、それ以外の地方競馬では実力を発揮できずに負ける可能性のあるタイプの馬なんで、今回、3連単の頭にこの馬なんか持ってこれるわけないです。どうやってこのコースで差すんですかこれ。

てなわけで、コスモカナディアンが来たのは悔しいけど、サウンドトゥルーはきちんと走ったし、オールブラッシュは異常な不人気で、最近凝ってる「1番人気2着付け」で買っていれば4点で馬単7000円を楽に取れた銀行レースだったなぁと言うのが素直な感想だったりするわけで。


川崎競馬場に行きたかったなぁ。。。。



今週はきさらぎ賞東京新聞杯 勝っても勝ってもトリガミで手持ち資金が消えていく先週の悪夢をここで克服するのじゃ!またね!