Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

ばくわら 番外編 リリウム あとがき ④

あとがきのつづき

田村に対する紫蘭と竜胆がダンピールを差別をしているようにみえる件。田村の自殺をまだ知らない竜胆が「あれはやりすぎ」「なぜきつく当たるの?」と聞く描写からわかるように、紫蘭はダンピールだから差別したわけではなく「リリー(ユウカ)の友人だから」アヤカのために「リリーを傷つけるために」わざとキツくあたっているだけで差別意識はない。竜胆も同様だが、いじめ現場ではあえて場を丸く収めるために(それ以上の虐待を防ぐために)わざとクランの生徒側に立っているだけ。そもそもファルスはダンピール差別をするような人間を協力者には選ばない。中庭のシーンだけでなく、わざわざ食堂にまで現れてお館様の名を持ちだしてまで釘を差すのは「本気で解任する可能性がある」ということ。その後、リリーとシルベチカが監督生になった描写があるが、2人が紫蘭、竜胆の後任になったという意味である。紫蘭と竜胆はクラン出身者初のティーチャーになる予定だった。

ファルスはダンピール差別は認めない立場。だが、その意志はクランお生徒たちには徹底されておらず、逆に変わり者扱いされている状態。それでも監督生仲間に食って掛かる姿、自分のことを好きだといったはずなのに田村を助けなかった自分を睨みつけ、口も聞かなくなるほどの正義感を目の当たりにして、リホは完全にファルスに恋してしまう。もちろん、ファルス自身がダンピールであることはクラン内部では内緒なので、知っていたらどうだったかとは思う。

キャメリアとシルベチカはふたりで「遠乗りに出かける」(雨なのに!)「狩りに出かける」(だから雨降ってるだろ!)くらいの仲。当然、紫蘭と竜胆は「純潔を守らなかった追放!」といきり立っているが、ファルスがとりなしている(と言うか「どうせ止まらないだろ」と思っている)状態。狩りに出かけて「道に迷った」と言って翌日帰ってくることもあり、雨宿りのために使った小屋がおそらくリホとファルスが泊まった小屋。規則では「クラン内でのふしだらな行い」は見つけ次第追放であるが「バレずにいる」 チェリーは寂しかったんだよ。親友2人が次々に彼氏作っちゃうんだから。キューピット役にほとほと疲れていたんだよきっと。