Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

タイトル「劇場版 ばくわらプリンセス☆Rina! 早貴と舞美 Prelude in E-Minor 予告編

史上最大の超人バトル。今度こそ本当。メモ。


D

(東宝マーク)

テロップ「特報」

(埠頭。子供時代の舞美。野球のボールを空に向けて放る。空中で爆発して消えるボール。舞美を見る周りの人々の、目。無邪気に笑う舞美)

舞美「いつの頃だろう。自分が、普通の人間と違うことに気づいたのは」

(連れてこられる子供時代の舞美。係員「みんな、新しいお友達よ」舞美の方を見るキッズたち)

子供時代の佐紀「私がキャプテンの佐紀よ」

舞美「佐紀は大きくならない子供だった」「同い年のように見える仲間の話題に入ってこない佐紀は、何十年も前の事をとてもよく知っていた」「いつの頃からか、キッズたちは佐紀の背を追い越していった」

(高速道路を走るマイクロバス。突然ドアが開いて放り出される子供時代の早貴。駆け寄るキッズたち。座り込んでガクガク震えている早貴。その姿を見て愕然とする舞美)

子供時代の舞美「(かすり傷一つついていない!)」

子供時代の佐紀「大丈夫。これくらいなら大丈夫。だって、私たちは」「超人だから」

(一斉に舞美の方を向くキッズたち)

子供時代の佐紀「舞美ちゃん、あなたもよ」

(成長した舞美。低く雲の立ち込める鉛色の空。砂浜を一人で歩いている。分厚いコートと、スーツケース)

早貴(声)「リーダー」「リーダー?」

(タイトル「劇場版 ばくわらプリンセス☆Rina! 早貴と舞美 Prelude in E-Minor 予告編」映倫

(ベッドの上、目覚めた早貴。隣にいたはずの舞美がいない)

(UTE本部。ぐったりとうなだれている早貴)

早貴「どうして、いなくなっちゃったんだろう」「わたしを置いて行くなんて」「リーダー、ひどいよ」

テロップ「やじままいみ、失踪」

佐紀「おそらく、舞美が向かったのはここだと思うの」

愛佳「廃棄された超人プラントやないですか」

由加「超人を人間に戻す研究。本当にそんなことが」

テロップ「閉鎖された」「実験施設」「禁じられた」「研究」

(舞美の前に現れるさくら)

テロップ「旅を続ける舞美が出会った薄幸の少女」「さくら」

(舞美に突っかける衣梨奈、香音。さくらをかばいつつ反撃する舞美)

テロップ「追跡者は」「エリート超人集団」「ワンフォー」

(UTE本部前。松葉杖をついた愛佳。その前に鞘師)

鞘師「歩けるようになったんですか、光井さん」「そりゃよかった」

かな「なんやあいつ」「嫌味なやっちゃなぁ」

あかり「りほりほは、最強だからね」

りな「あの子もエッグなの?」

愛佳「違う。鞘師は広島の超人研究所出身や」「ワンフォーは仙台の研究室やら、色んな所から超人をかき集めてきとる」「これ以上超人を生み出してどうする?」

(あかり、目を見開いている。紹介される転校生、ふくむらみずき)

チャン「タケチャン、イッショニオベントタベヨ!ミズキモイッショダケドイイカ?」

みずき「たけうちくんはチャンが好きなの?」

あかり「いや、そんなことないよ」「だって、女同士だし」「友達だよ」

チャン「チャンハ、タケチャンノコトダーイスキ!」

テロップ「挿入歌『君の友達』Berryz工房PICCOLO TOWN)」

(すこし離れた木陰。あかりを睨みつけている工藤)

佐紀「ワンフォーは恐らく舞美を潰す気だろうね」

由加「潰す?命令は連れ戻すことです」

愛佳「道重さんからすればキッズは全員目の上のたんこぶ」「いい機会じゃろ」

テロップ「超人機構掌握を狙う」「超人、重ピンク

(さゆみ、颯爽と本部内を歩いて行く。その後ろに連なるワンフォーのメンバー)

愛佳「リーダーの道重さんは正直大したことない。問題はサブリーダー以下のメンツや」

テロップ「妖艶にして豊満、ばくにゅうプリンセスみずき」

(あかりに絡みつくみずき)

あかり「(荒い息)みずきちゃん。。。だめだよ。。。こんなこと。。。だめだ」

みずき「みずき、たけうちくんのこと、好きよ?」「全部みずきの中に出していいのに」

テロップ「人たらしの名手、魔女、ハニー飯窪」

飯窪「決定が出ました」「C-uteは禁足です」「やじままいみ救援には向かえません」

さゆ「さすが飯窪」

愛佳「さらにエースが2枚看板」

テロップ「あらゆるものを炎上させる異能超人 プラズマ鞘師」

テロップ「周囲の人間を凍りつかせるマイナスイオンを放つ女 マイナズマ石田」

鞘師&石田「クロス・ハリケーン!」

(少女時代の石田。鉛色の空。その向こうにそびえ立つ水の壁。人も、建物も、呑まれていく)

愛佳「スナイパー生田、人間カノン砲鈴木、超人まーちゃん、狂犬工藤」「そしてもう一人」

(舞美の戦闘記録映像を見ている小田)

さゆ「どう?小田」「コピーできそう?」

さくら「やはり、実際の能力を見てみたいですね」

テロップ「転写能力者、コピーキャット小田」

佐紀「本部内の最先任超人として特権を行使します」「現時刻を持ってGreenFieldsを再編成」「やじままいみ追跡に参加、これを保護すべし」

さゆ「(睨みつけて)キャプテン、あなた、犯罪者なんですよ?」「反乱を起こしておいて、そんな命令出せる立場にあるわけないでしょ!」

愛佳「特権命令や」「自分が自分に命令を出すことも可能」「命令拒否は重罪ですな」

由加「命令とあらば、致し方ありません」「GreenFields、出撃します」

テロップ「対立と半目」「割れた2つの世界」

(さくらとれいな。荷物をまとめたれいな。さくらに語りかけている)

れいな「小田の切り札はタマゴっちゃね?」

さくら「はい」

れいな「ということは、タマゴをの力を使う時に、小田は追い詰められているということになるよね?」「だったら、その力は使っちゃいかん」「それは、小田が負ける時だから」

(鞘師と石田の前、舞美を守って立ちはだかるさくら)

さくら「(独白)田中さん、約束、破ります」

舞美「(早貴を抱きながら)さくらちゃん、よせ!」

(さくら、タマゴをかざして)

さくら「ラベンダープリンセスパワー!」

テロップ「ラベンダープリンセスさくら登場!」

鞘師「やっと正体を現したか」「小田ぁ、最初から胡散臭いと思ってたんだ」

石田「鞘師さん、思う存分」「かわいがってやりましょう」

さくら「(額に浮かぶ汗)あなたたちの好きにはさせない!」

テロップ「史上最大のスケールで送る超人バトル!」

(戦うりなたちだが、ワンフォーに力が全く通じない。あわてて物陰に逃げ込む。先に隠れていた愛佳)

愛佳「ええか?鞘師の弱点は、腰や。あいつ、昔、腰やってん」

あかり「どうしてそんなこと知ってるんですか?」

愛佳「うち、やったんねん」「あいつ、生意気やったからな」「教育期間中に、がつーんといわしといたんや」「覚えとき」「将来有望な若い芽は、芽のウチに摘まなあかん!」

りな「えげつな!」

テロップ「ついに能力を使う史上最強の超人集団」「C-ute

早貴「タイダル・ウエーブ!」

愛理「(何を言っているのか聞き取れない呪文のような言葉)」

千聖「マグロ、一本釣りぃ!」

舞「シャイニング・ブリザード!」

(横たわるさくら。舞美、その前で怒りの叫び。気圧される鞘師、石田)

由加「矢島リーダーを中心に気圧急降下中!」

佐紀「まずい!」「舞美、力を抑えられないの?」「これじゃ、全員、死んでしまう!」

テロップ「嵐と竜巻を同時に呼ぶ女」「リーダー舞美」

舞美「超人が人間に戻る方法」「もし本当にそんなことができるなら」「幸せにしたい人がいる」

(タイトル「劇場版 ばくわらプリンセス☆Rina! 早貴と舞美 Prelude in E-Minor」)

(舞美のところに駆け寄る早貴)

早貴「リーダー、わたしね」「できちゃったかも」

舞美「?」

早貴「リーダーの!」

(舞美、鳩が豆鉄砲を食らった様な顔)

テロップ「6/27日 できちゃったかもロードショー!」

テロップ「お得な『早貴と舞美』特別ペア前売鑑賞券 当劇場窓口で絶賛発売中!」

この話、長いです。予告はあくまで予告。収まってません。GreenFields、戦わないように見えますが、ワンフォー相手に全開で戦います。予告にめいめい全く出てきませんが、普通に出ます。だいたい、何が早貴と舞美なのか、この予告じゃさっぱりわからん!