Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

BS-TBS サマーパーティー2012 ステーシーズ 少女再殺歌劇 大感謝祭@赤坂BLITZ(16:30/19:00)

出演者:モーニング娘。 末満健一、大槻ケンヂ

これが最後のステーシーズ。

と、言うわけで、「ステーシーズ 少女再殺歌劇」のラストイベント、ファン感謝イベントに行って参りました。ファン感謝イベントなどというものはGWにサンシャイン劇場で云々。。。はおいといて、なんと、だーいしが、だーいしが捻挫で松葉杖。。。。。

というわけで、皆様のご好意でだーいし前最前に座らせていただきました。ええ、目線やレスいっぱいもらいましたよそりゃそうだ最前だし。下手すりゃドリュ-の超能力にやられる座席。てなわけで、足首固められて、素足のつま先剥き出しのあゆみちゃんの痛々しいお御足を凝視させていただきました。白くてちっちゃい爪が可愛い。。。。!!!!!!!!!

イナフだ!これだけでモト取ったよ!仕事サボってゴメンな>会社のみんな!明日は仕事するからなちゃんと!


さて、2部構成のイベント、基本的には両方の回とも構成は一緒。だが、出演者、というか、末満さんとオーケンの気合の入り方が全く違っていた。

構成

M1 ミルクコーヒーダンス

「ステーシーズ裏話」

「ステーシーズキャストシャッフル」

M2 ライダーマンの右手

M3 違法再殺少女ドリュー

M4 キマグレ絶望ありがとう(神様のきまぐれ)

M5 再殺部隊

なかなか「外した」選曲であれであるがw 男性陣のコーラスが必要な曲は省いたものと思われ。殺戮ゾンビリバーも少女再殺もなし。男性キャスト呼ばないんだからしょーがないw

オーケンは1回目は借りてきた猫というか起き抜けでやってきた中野のおっさん状態で声もぜんぜんで出ないし、そもそもメイクすらしていない状態w 2回目はメイクはもとより衣装チェンジまで繰り出す本気モード。一分気合カラ回っていたが、やはりオリジナル本家本物の再殺部隊は迫力があったし、何よりもセリフパートの気合の入り方が尋常じゃなかった。1回目は手探り探り探りという感じで(客にもキャストにも)2回目は遠慮なしで貫禄で持っていくモード。

演出の末満さんは1回目は普通に司会とツッコミをやっていたのだけど2回目のシャッフルコーナーで人が違ってしまったw 特にはるなん生田の「有田とモモ」のパートは脚本を見ながら演技をチェックする本気モード。生田が全体的に棒読みモードではるなんが釣られて笑うと、その都度「イラッ」とした態度になるのが怖いw みんな余興のつもりでやってるのにここだけ本気モードw まさか、はるなんと生田の演技チェックする必要、あるのかもしかして。


それぞれの演技はフクちゃんが男前な佑介、れいながヤンキーな公恵、さやしがヒロシマの暴走族風公恵、だーいしが結構再現度の高い公恵(どぅーが恥ずかしがっていたw) まーちゃんが異次元の詠子、と言った具合だった。フクちゃんのモモは若干遊びすぎ。そして、かなり良い感じだったのはベテラン・飯窪メシコさんのモモ。飯窪さんのモモは本役でもいいくらい良かった。本編で何故か役をもらえなかったメシコさんだけどなんでもらえなかったんだろーねー


てなわけで楽しいイベントだた。9.12にDVD発売、しかし同日にモーニング娘。13カラフルキャラクター」が同発ということで関連イベントはない模様で、これでステーシーズ関連のイベントは全部終わりらしい。ぶーぶぶー、もったいないなりーw


欲を言えば次回は主要男性キャストも呼んで「名場面再現」と「殺戮ゾンビリバー」「少女再殺」のライブも聞きたかった。


っていうかさ


リルカは地獄



なんでやんなかったんだろーねーw サントラ盤希望だなぁ


てなわけでれいながしっかり場をまとめてすっかりモーニング娘。行動隊長としての地位を確立した良いイベントでございました。モーニング娘。たのし~!