Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

アイドル界にEDMブームは来るのか?

Sparkle/Fairies

D

ガラゲッチャ~GOTTA GETCHA~/bump.y

D

my Transform/Prizmmy☆

D

One・Two・Three/モーニング娘。

D

Spending all my time/Perfume

D


韓流経由で迂回輸入されたEDM(Electoronic Dance Music)であるが、韓流ブームを一気に追い越す形でアイドル戦線で一斉に花開いた感がある。年初にモーニング娘が鳴り物入りで「ダブステップ」を導入と謳ってドロップした「恋愛ハンター」がフタを開けたらブロステップだったあたりから、そこまでUK/フレンチ一辺倒の感のあった「踊る系アイドル音楽」が一気にアメリカナイズされたEDMへと将棋倒し的にひっくり返って行った印象を受ける。何よりもmエレクトロダンアイドル歌謡の旗手だったはずのPerfumeがこの戦線に殴りこんできたというのが衝撃的な出来事だったといえる。

今回紹介したうち、bump.yが最も韓流的にいじってあるがそれ以外はなかなか一筋縄ではいかない和製EDMに仕上がった感がある。PerfumeのSamtはリズムの音型こそEDMっぽいが、主旋律や構造はむしろヨーロッパ民謡といった感じに素朴で切ない節回しで、ちょっとystkの向いている方向は違うぞ、と言った感じをひししと感じさせて興味深い。またダブステップ色の濃いPrizmmy☆もまたEDMとUKエレクトロのどっちに行きたいのかイマイチ曖昧で「次の一手」が出てこないもどかしさを感じる。


ココらへんのサウンドに好感を覚えるのは韓流迂回しているにもかかわらず「韓流を参考にする」のではなく、原点のアメリカ製EDMを基調にしてサウンドを再構成しているように聞こえる点にある。韓流調J-POPの多くがEDMを参考にせずに韓流を小手先で真似て「和製韓流」になってしまいがちなのとは若干方法論的にスタンスが違うというところがJ-POPとアイドル音楽のサウンド制作の方向性の違いを際立出せるようでそこはまた興味深いところである。



ちなみに、韓流まんま真似るとDIYのフォレフォレ ~Forest For Rest~になると思う。あれは和製韓流。