Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

モーニング娘。コンサートツアー2012春 ~ ウルトラスマート ~@中野サンプラザ(15:00/18:30)

奇跡の公演。全編が奇跡。異常な多幸感。全盛期のPerfumeに並ぶ凄さ。これを12歳を筆頭に高校生以下(実質的に中学生)という年代の少女たちがやっているというこの恐ろしさ。勝負に入ったモーニング娘。はいかなる障害を前にしても止まらないという感じ。気迫、団結。明日なき総力戦。とにかく物凄いものを見た。

夜の部、アンコールでの挨拶、泣きが連繋したのを見てとっさに鞘師に「嘘泣き」を指示してこの感動的な状況を「天丼」にしてしまうれいなの冴え。耳打ち一発で意図を理解して完璧に実行した鞘師。二人とも凄かったが、思いついて自分だけ嘘泣きして自分だけ美味しい思いをするのではなく、目の前の鞘師に耳打ちしようと思ったれいなが素晴らしい。多分嗣永さんなら自分だけやるw

ここには孤立したメンバーも、メンバー間を遮る派閥の壁もない。12人が一枚岩になって突き進む新垣政権の最終到達点。ガキさんが嘘泣きで泣き崩れた瞬間に駆け寄って抱きつくイクタとそれを引き剥がして連れて行く鞘師のお約束的なネタの可笑しさ。今どう行動すれば一番美味しく、ウケるか、その判断が全員の連携の中できちんとできているすばらしさ。全編アドリブの応酬。もう、こいつらには何を注文してもいいぜ的な仕上がり。

伝説の中野コンの一部始終はあちこちで語られているので略すが、ガキさんが去り、光井が志半ばで去っても、新しい世代がその夢を受け継ぐんだなぁ、だから、彼らは笑顔で去っていくことができるんだなぁ、というのを目前の光景からひしひしと感じた。伝わってくるものが違う。

5/18以降のモーニング娘。が更にどうなっていくのか、本当に楽しみでしょうがないくらい、笑顔また笑顔の公演だった。現在のモーニング娘。を見ておかないのは勿体無い。本当にもったいないと思う。残り5公演。とにかく、オススメ。

秋麗のBDの鞘師とだーいし。短いがソロパートがあることに気がついた。USBに収録されてるのが嬉しい。逆に「愛しく苦しいこの夜に」は永遠に幻の映像になってしまうのかもしれない(DVDマガジンに入るかな?)