Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

サン・ラとアフリカ

サン・ラ アーケストラといえば宇宙ジャズであるわけだがそれだけでは食って行けなかったのかアフリカモノもある。

Ancient Aethiopia/Sun Ra

D

「古代エチオピア」なる曲。いやアフリカサベツじゃねーのこれ。

Africa/Sun Ra

D

ガメラ対バルゴンのニューギニア原住民を思わせる「アフリカ」

Aethiopia/Sun Ra

D

どうもこちらは現代エチオピアらしいが、どこがどう現代なのかわからん!

おまけ

Nuclear War/Sun Ra

D

最終核戦争(について語ろう)期待して聞くと(について語ろう)が重要で曲粗自体は核戦争関係ないじゃん!


おまけのおまけ

Tenderness/Sun Ra

D

これは真面目なフリージャズ。サン・ラは本来叙情派なんだと思う。長尺の演奏だが寄せては返す様な優しく厳しいフレーズの畳み掛けに注目して聞いていただきたい。

Constellation/Sun Ra

D

これは真面目ジャズ。サン・ラが弾くモーグのフレーズは非常に先鋭的だがドラム以下のサイドマンは今ひとつついていっていない気がする。特にtpがなっている間はフツーにジャズである。さすがにジョン・ギルモアが吹いている部分はフリーをやっているが、サン・ラ本人はそれこそプロト・テクノとも言うべき世界を見据えているわけでそこのミスマッチングはもったいなかったと思う。