Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

思うに

女子流のよさは似非ディーヴァ唱法をトレーニングで刷り込みされていないトコロにある気がする。普通に表現力のあるあぁちゃん、真っ直ぐなひーすけ、表現力に難はあるが普通に歌えるゆり、テクニックよりもまず先に声を全開で出すところか始まった芽生、迷った末に(そもそもない)声量で勝負するのではなく表現力重視の方向性に傾きつつあるリーダーのボーカル。

大して上手くもないのに「上手く聞こえるような」似非ディーヴァ唱法を身につけさせることなく、正攻法で歌唱力の向上を目指す女子流の方向性は正解だと思うし、それはカヴァー曲が「カラオケ」(モノマネ)から「持ち歌」に変化していく過程で聞きとることができるようになると思う。


これが普通だと思うんすけど、どうして世の中、似非ディーヴァばっか増殖したんスかねぇ。。。



とりあえず今、女子流のユニゾンは最強だと思う。これは現場で聞いておくべき。