Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

ベリ工

この文字を読んで騎手と思うかアイドルと思うかでその人のクラスタがわかるベリ工ことBerryz工房

初期の傑作連発のあと「何でも同じ」つんく♂節に巻き込まれる形で世間一般から「消えてしまった」わけだが、新曲(出てるんですよw)がそこそこ真面目に作ってあって好感が持てる。

ああ、夜が明ける/Berryz工房

D

きちんとトラックを作ってあるハロー系としては非常に珍しい「ああ、夜が明ける」なんとなく太陽とシスコムーンを感じさせる曲調。ただ、決定的に低音が足りない。サビが単調なつんく♂メロで大変に大変に大変に損をしているが、Aメロ終盤の「届け」のリフレインなど光る部分もある。小節単位でいい所と悪い所が出てくる感じで、きちんと全体をまとめられるプロヂューサー(譜面を読める)の必要性を感じる。


いずれにせよ瓢箪から駒的な「普通のトラック」なので一度耳を通しておくべし。


ジリリ キテル/Berryz工房

D

「イントロだけきちんと作った」感じのジリリ キテル。主旋律がこれでは売れるわけがないが、そういうことを言いたいわけじゃなくて、2006年のこの曲のほうがよほど低音が出てるってのはどういうことよ? 間奏も下手くそなエレキ(WANDSのギタリストらしい)がないところは聴ける。まぁ、この旋律じゃ売れないわな、ふつう。とりあえずオリコン6位にはなってる(それまでの最高順位)