Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

JIMMY SMITH

Jimmy Smith/God Rest Ye Merry Gentlemen

D

キャンキャンうるさい。。。それがジミースミスに対する一般的な今イメージかも知れないが、この曲は(少なくともテーマ部は)いぶし銀の演奏である。アルバム「クリスマス'64」より。

Jimmy Smith/ヴァージニア・ウルフなんか怖くない

D

Part2からですが問題ありません。テーマから始まってスミスのソロにつながります。


おまけ

Shirley Scott/You

D

シャリー・スコットはタレンタイン嫁としてジャズ界では知られる。旦那の脇でハードパップなオルガンばかり弾いていたが、これは必殺のアトランティック盤。レーベルカラー剥き出しのソウルジャズ大会だ!

Shirley Scott/Get Back

D

こちらはビートルズナンバーが炸裂!いったいこのスタイルっていつの録音なんだよ!

Shirley Scott/Hanky's Panky

D

ここまで来ると絶対にスイングジャーナルは追ってこないジャズファンク期の録音から。このアルバムではスティービーのSuperstitionなんかもやっている。

収録曲

Hanky's Panky

Lady Madonna(ビートルズ)

Last Tango In Paris(ガトー・バルビエリ)

Superstition(スティービー・ワンダー)

People Make The World Go 'Round(スタイリスティックス)

この何も考えていない選曲の凄さ!絶対聴きたいでしょ?でも日本盤は絶対出ませんからw

Shirley Scott/Carla's Dance

D

ギクシャクした展開が特徴の「クララズ・ダンス」アーゴ期のアルバムも必聴だ。なんせチェスレーベル傘下なんだから!

Shirley Scott/Shirley

D

キャロル・キング「It's too late」を先取りするタレンタインナンバー「シャーリー」 これはインパルス吹き込み。

最後に

Shirley Scott/When a Man Loves a Woman

D

アトランティックの歌モノ企画盤「ソウル・ソング」 なぜがディランの「風に吹かれて」をやっているのが謎。