Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

禁じられた色彩

なぜか人も音楽もなかった事にされてしまった「New Wave」ムーブメント。New WaveといえばJAPAN。JAPANといえばこの人。

David Sylvian/Forbidden Colours

D

当時のYMOはもちろん衝撃だったが、それ以上に素晴らしかったのがこの曲。今では「戦場のメリークリマス」は「メロディー抜きバージョン」が有名になってしまったが、本来、あれは「カラオケ」だ。少なくとも自分にとってはそう。

David Sylvian/Forbidden Colours(long)

D

頭と尻が足されているスローバージョン。映画テイク。

David Sylvian/Forbidden Colours(alt.)

D

同曲のオルタナ版。これは今回掘っていてはじめて聞いた。

個人的にJAPANといえばこれ

JAPAN/Ghosts

D

1分過ぎないとメロが立ち上がってこないのでそれまで我慢w いやー、かっこいい曲だわ。しかし、これがコマーシャルベースに乗っていたという時代はすごいとしか。80年代にはNew WaveのほかにNo NYというムーブメントもあったし、捨てたもんじゃないんではと思うけど。。。ポストパンクムーブメントが全部潰れてパンクの続きみたいな(あるいはもっと単純な)バンドスタイルの所謂「ロック」だけが生き残った理由というのはなんだったんだろう。

JAPAN/Nightporter

D

サティ的なピアノの旋律に乗ってデビシルのネタっこいボーカルが絡む幻想的なトラック。そういえば、このころサティが流行ったんだよね。


David Sylvian/Let the Happiness in

D

昔のマイルズを思わせるペットの音色が泣かせる。この曲の12inchシングルには下の曲が入っていた。

David Sylvian/Blue of Noon

D

坂本龍一を迎えた攻撃的なインストトラック。未CD化。



おまけ

David Sylvian & Robert Fripp/Damage

D

エフェクターでアタック音を消したようなフリップのギターに痺れる。