Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

不毛の音楽/アイドルblog

仮面ライダーディケイド 最終話「世界の破壊者」

まじめにレビューw

えーと、あちこちで馬鹿にされているディケイド最終回ですが、別に悪くなかったと思いますが。。。ただし第2シーズンがあるのなら(爆

この最終回の構造はこういうことです

・旅の終わり。。。この31話の旅の結論が出ました。このパターンでの旅はこれからも続くが、それは仲間を得るという意味のある旅だった。自分の世界のない士は「自分の世界ではない世界」への旅を続けることで、旅を経て得た仲間(それは同行者とその土地土地のライダーたち)こそが自分の世界であるという結論に達した。

物語的には結論が出たのでこれ以上同じ旅を続けても新展開もなく無駄という事実の提示

・旅の意味の否定。。。仲間が力を合わせてショッカーの幹部と再生怪人軍団を倒した瞬間、第一話に繋がる展開になる。ここが旅物であることを使った最大の強みで旅が終わり、出発地点に戻ったことが示される。それが、最初からリ・イマジ世界の住人ではない「オリジナル世界の」住人として示されていた渡=キバの再登場。オンドゥル王子の30話での唐突な登場は割と1話から示されていた「実はオリジナル世界のライダーもいるでよ」的な伏線の回収だった。で、渡が「次シリーズのために」ここまでの旅を一回否定してみせる。実は仲間になってはいけなかった、士はディケイドに与えられた任務に失敗した、従って、オリジナルライダーたちから士はもう用済みとなった。その事実を告げる。

オリジナルライダーたちが士にディケイドライバを与えて世界に旅立たせた「腹の底」が一応明かされる。ただし、これがどこまで真意を示しているのかわからない>第2シーズンへの謎かけ。

・新たなる戦いの幕開け。。。旅が終わった士は任務に失敗したディケイドライバの主を殺すべく現れたオリジナルたちに囲まれる。鳴滝が「ディケイドは世界だけでなく士も滅ぼす」と予言する。次シリーズはオリジナルライダー+敵に回ったユウスケとキバーラとの戦いであることが示され、そこにディエンドが飛び込んで、to be continued....

ここが下手なクリフハンガーになっているところが惜しい。ここは本当なら絶体絶命のディケイドのところにディエンドが飛び込んで、そこから主題歌が流れ始めて

ディエンド「どうする?絶体絶命だぞ?まず弱そうなあいつのところを突破するか?」

ディケイド「うるさい、俺は指図されるのが一番嫌いなんだ、仲間のくせに何度言ったら覚える」

ディエンド「こんな時になんだい。ライダーに囲まれたんだ、絶体絶命なんだぞ?わかってるのか?」

ディケイド「だいたいはな。こいつらは敵だ。倒すべき敵だ、よし、行くぞ!」

飛び出す二人に集中砲火を浴びせるオリジナルズ。巨大な爆発が起こり、夏美が絶叫して「つづく」でいいやん。カッコいい終わり方で引いたほうがええやん。さっき(10分くらい前だ)仲間になったはずのディエンドがいきなり裏切ったような描写をするくらいなら、絶体絶命の危機になってるのに実にうれしそうな大樹といつものように腹立たしげな士のぼけ突っ込みで終わりにしたらええやん。そしたら映画がぽしゃっても「明日に向かって撃て!」風のラストを迎えた仮面ライダーという感じで印象に残ったと思うんじゃが。だめかw


映画には期待しません。だって映画版って映画だからという理由で「変に改変」するじゃん。それだと繋がらないんだよね。だからせっかくここまでの設定をひっくり返した新たなる戦いの旅路を示したんだからそれをやろうよ。そして第2シーズンは、新たなる世界で追っ手として送り込まれるオリジナルライダーを倒して生き延びていくディケイドの戦いの日々編で。もちろんテーマは全シリーズとこのシリーズの旅はどっちが本当にすべき旅だったのかあるいは第3の旅がありえるのか(第3シリーズへの伏線)という感じで。


まぁ、あんまりまじめに作る気のなかったシリーズだっただけに、逆に面白い先祖返りのおきたライダーなので大事に育ててもらいたいと思うなり。次のWは電王直系のガジェット系ライダーみたいだしね。