Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

どうでもいいが劇場版BFJ

どうして東映は17やBFJと言った重要作品の劇場版を作らないんだ。両方ともTV特撮の限界みたいな凄い映像を見せた作品だから劇場版ではさぞやと言う気がするのだけど残念ながら両方とも劇場版は作られなかった。

もし劇場版が作られるとするならこういうテーゼで行ってもらいたい。

・初期5話のムードを基本とする(基本スパイ戦)

・主役メカはバトルシャークとする

・ゲストメカとしてエゴスにバトルシャーク相当の万能戦艦を設定する

・前半は敵戦艦の実態を掴もうとするBF隊

・後半は敵戦艦をドックごと破壊しようとするBF隊とそれを阻止するエゴス怪人

・クライマックスは佐川特撮による万能戦艦対万能戦艦(変なミサイル戦ではなく砲戦)

・太平洋を航行中の貨物船が浮上する異形の潜水艦を目撃する

・潜水艦の攻撃で沈む貨物船

・生存者1名。だがエゴスに殺されてしまう

・BF隊行動開始

・エゴスを追って捕まるジャパン

・ジャパンの眼前に現れるエゴスの万能戦艦「エゴスシャーク」(ダークグレーのバトルシャークみたいな船)

・貨物船はエゴスシャークのテストに遭遇して沈められた

・エゴスシャークの目的はバトルシャークの足止め。決戦の意思はない。

・バトルシャークの戦場到着が遅延すれば巨大ロボットバトルフィーバーも戦場に到着しない。そうなれば弟ロボは自由に大暴れできる計算。

・ジャパンからの連絡に驚愕する国防省。BF隊にエゴスシャーク破壊命令が下る。

・強行突入するBF隊。ジャパンを救出し、エゴスシャーク破壊を実行しようとするが、エゴスの戦艦怪人が立ちはだかる。

・ペンタフォースで戦艦怪人を倒すがエゴスシャークの破壊には失敗。逃走を開始するエゴスシャーク

・エゴスシャークを逃がせば今後のバトルシャークの活動は制約され、弟怪人の脅威と併せてエゴスに計り知れないアドバンテージを与えることになる。

・敵艦を捕捉出来ているこのタイミングで絶対に破壊しなければならない。

・バトルシャークでエゴスシャークを追撃するBF隊。逃走を断念して反撃を開始するエゴスシャーク。

・太平洋上空で万能戦艦同士による主砲の撃ち合い。互いの装甲が互いの砲撃を弾き飛ばす。ピンポイントに敵艦のウイークポイントを抜く必要があり接近する両雄。

・アウトレンジからインレンジの撃ち合いに変化。同一画面内で敵艦が見える距離に入り全火力で撃ち合う万能戦艦同士の戦い。

・エゴスシャークの主砲砲がバトルシャークの艦橋基部にヒット。勝利を確信するエゴスシャークの艦長。だがそれすら弾いてしまうバトルシャークの神装甲。

・次の瞬間、巨大な火球となって爆発四散するエゴスシャーク。満身創痍のバトルシャーク艦内で墜落するエゴスシャークを見つめるBF隊。薄氷の勝利。

日本特撮史上最後の万能戦艦であるバトルシャークにはこういう「きちんと作ったらよかったのにMJも」みたいな正攻法の巨艦対決路線で一本作ってあげてほしかった。