Talkin’ about !!!!!!!!!!!!!

行く先不明の競馬blog

再びWIN5

最近、なんにも書いていないbluetoneです。さて、本日は天皇賞。もはや過去の荒れる天皇賞は過去のものとなり今年もガチガチで決まってしまいましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。わたしはシュバルグランからの馬券を買おうとして締め切りで買えませんでした! が、これ買うとトータルで3000円になっちゃうからガミっちゃうし、かわんで正解だったかなと。


それはさておき、本日再びWIN5的中となりました!本日の配当は3,846,500円!300点での的中です!前回は144点で10万馬券でしたが、今回はおよそその倍で380万円のプラスとなりました!。。。。買ってないですけどねw 資金がなくてとても3万円は捻出できんかった。。。


軸馬予測法をやってはっきり分かったことは軸馬予測法とWIN5はめちゃくちゃ相性がいい! 軸馬予測法は不要な馬をはっきりと示すので、今回のように4番人気や6番人気が混じる決着でも実はびくともしません。組み合わせの中に1番人気入れてませんが、これは高配当を狙ったんじゃなくて不要だから切ってるのです。てか、東京は2番人気すらいらなかった。それは手元のデータではっきりとわかるように軸馬予測法は作ったので、メインだけ突然傾向が違ってしまうとかそういう予想外のことが起きない限り「当たります」 そう作ったわけだし、今年、2本目がこうして的中したわけだし、そこは設計通りに行ってるんじゃないかと思うわけで、あとは種銭だけ。。。ドワンゴさんあたり軸馬予測法のアルゴリズムを買ってくれませんかね。。。どうですか?

といいつつ、本日はスイートピーSを3連単で取りまして、タイトの単勝も取りまして、ばんえいもほとんど勝ちまして、大きくプラスで終わることができました。年初来TARGETと格闘しながらKLANで予想していた時のパフォーマンスが出なくて苦戦していたのですがここにきてやっとトンネルを抜けたような気がします。

これくらい当たるように作ったんだから当たってくれないと困るよ生活かかってるんだから。。。

というわけで、次はかしわ記念だ!またモーニンとノンコノユメがでてくるよー!さあ、どうなのかなぁ? たのしみ! またね!


あ、香港、パキスタンスターはわかったけどヒモで轟沈。前走ハンデ戦のやつとか買えんわ!買えんわ!

WIN5

今年の目標をWIN5で100万馬券的中させることに決めたわけですが、win5、なかなかに難しい。5の5乗で3025点買えば的中するのではと言う机上の空論を立てたものの、予想外に変な決着が多くその点数では届かないことがわかってしまいどうしたものかなーと思っていたわけです。

んで、ここのところ単勝回収値が向上の兆しを見せ始めて、全体的にいい感じになり始めたところで、午前中が◎の成績が非常に良い日になりまして、サクサクっとWIN5を組んでみました。144点。

で、パタパタパタっと的中して、運命の高松宮記念。このレース、まず上位が飛ばないレースとして知られていて、WIN5最後のレースとして付けた印は

レッドファルクス
レッツゴードンキ
ファインニードル
レーヌミノル

の4頭。オッズで選んだわけではなく、データを見る限りこの4頭でまず間違いないところ。ほかのレースは2点または3点で的中させるプランのため、このレースのみ万が一を考えて4点印を打つという。レーヌミノルだけ例外の馬なんですけど、この馬、なんで走らないのかわからないくらいいいデータを持ってる。おそらく夏越して秋には復活と思っているのですけど、早めにおさえておくのもいいと思ってここで指名したわけですが、細かいことは置いといて


WIN5的中!

配当は目標額の1/10の111,520円で思わず「やっす」と思ってしまいましたが、当たらないことには何も始まらないわけで、今回初のWIN5的中となりました。144点と言うのはかなり絞った点数でかつ、買えない金額でもなければ、1日の損害として出せない金額でもないわけでこの点数で的中できたというのは、昨年来の軸馬的中法開発の一つの成果なのではないかと思うわけです。

3025点はきついよねやはり。

で、高松宮記念ですが、種銭の関係で3軸での勝負ができず、レッドファルクスから入って沈没。「デムーロはG1で強いが、牝馬と乗り変わりは着外」と言うデータ通りの結果となってしまいました。。。ドンキちゃんでよかったんだよね結局。


ばんえい記念は枠番2468+7で完璧と言う予想を立てて馬券を買って、6-4-8と言う決着になったわけですが、気が付くと7のニュータカラコマが倒れているという残念な結末になってしまいました。ばんえい記念、恐ろしく重い馬場であるにもかかわらず異常な好タイムで決着と言う熾烈なレースとなったのも10歳馬には厳しかったのかもしれません。ゴール板を駆け抜けることなくニュータカラコマの最後のレースは終わってしまいました。ゆっくりおやすみ。もうなにも引っ張らなくていいからね。

今年の目標・修正版

12/31に掲載した2018年の目標が

・タイト着付け、神福永3着付けを徹底する
デムーロを買う
・外人外人武を買う
ばんえい万馬券を取る

だったのですが、本日、ばんえい競馬の11Rで3連単10,600円を的中させてしまい、いきなり一つ達成できてしまったのでこれはノーカンとして新たな目標を追加したいと思います。

新目標は

win5で100万馬券的中させる

です。

これはなかなか達成困難だと思うので年末まで引っ張れると思います。それにしても、ばんえい、エア馬券やってたときから不気味なくらい万馬券が簡単に飛び出すんですけど。。。これなんかすごくないかい>ばんえい


追記 どうせビギナーラックで次は通用しないと思うのでどういう買い方をしたかというと、まずブチオを買いたい。次にふぁいなるくらんどを期待したい。ブチオから入るべきかくらんどから入るべきか選択する。欲しいのは好配当だからくらんど軸に決定。次に3連単を人気順に並べる。上から眺めてくらんどの2番が出てくるまで下る。2が入っている馬券を上から順に2点選ぶ。3-5-2と5-3-2が選べる。おさえとして5-3に3番人気の1をくっつけた5-3-1を買っておく。3-5-1は切る。これで3連単10,600円的中。。。これで万券が当たるんだから競馬予想とは何なのか考えちゃうよね。。。ちなみにこれはbookoffで立ち読みした競馬の本に書いてあった「儲けが出る3連単の買い方」と言うやつと、単純に「確率的に出やすいのは人気上位の馬券であるはずだ」という基本的な考え方を組み合わせたもの。配当が欲しいからと言って確率的に出にくい馬券を買うのは意味が無いのじゃないかと最近考えているわけですが、ようするにビギナーズラックだと思います。


永遠のビギナーズラックだ!

2017年を振り返って

そろそろカウコンに出かける準備をしたいので2017年のまとめです。

ハロプロ
一昨年、現場卒業にわすか数日で失敗したので今年こそはと頑張ってほとんど現場に行きませんでした。LVで済むものは極力LVで済ませて、それでも足りないものはハロステやアプカミに頼る感じで。印象に残る現場はつばきメジャーデビュー@ディファ有明、実力診断テスト、山岸理子写真集、J=J武道館、アンジュルム武道館、つばきサンシャイン(12月)くらいかな。もしかするとコレが全部かもしれない>現場

来年はなんとかして予測から投票までを機械化して現場に行ける時間を作りたい。あともう少し会社休みたい。。。


環境編
何と言ってもエクセルにネットブックを持ち込んだらその便利さに目が眩んでしまいノートブックとタブレットをひどい時期は毎週買っていたw 馬券収入は全部コレに消える勢いであったw

購入したモノ
ノートPC(ネットブック含む)。。。9台。Lenovo 3台 富士通 1台 ASUS 4台
2in1。。。Acer 1台
タブレットPC。。。富士通 3台
androidタブレット。。。富士通 2台

富士通ASUSのオンパレードである。いくらなんでも15台は買いすぎだ!どう考えてもiPhone8が現金で買える投資である。これらにSSDやメモリも順次追加したし、maicroSDもUSBメモリもガシガシ揃えた。


よく金があったな考えてみると。。。(冷や汗

しかし、現場では主として電池の持ちの関係でバッテリー2~3個、予備にタブレット1枚は必須だったので、これに従来から使っているiPhone6を合わせると常に3台体制で動いていた。盗難の可能性も考えると予備含めてコレくらい持っていないと現場でPCを使って競馬をするのは難しいというのが実感。

で、個人的に◎をあげたいのが富士通のSTYLISTIC Q552/e。実用ギリギリのCPUパワーでファンレスWindowsタブレットを成立させている綱渡り感がすごい。省電力モードにすると実用性が失われるため予備電池必須なのがたまにキズだが、Windows環境を簡単に持ち運べる利便性には変えがたかった。それまではノートPCにChromiumOSを入れて使っていたが、夏以降、完全にタブレットに切り替えができた。時点が最新鋭機であるArrows F-02F。高精細度、高ppi、高画質の3拍子揃った動画再生機。wi-fiに信頼性が皆無なので持ち出して使いたいとは全く思わないが、おうちでフルHD動画見ていると半端なディスプレイは害悪でしかないと思ってしまう。てかブルーレイクラスの画質ってこんなにきれいなのかとあらためてて思い知らされた。なんでwi-fi周りが弱いんだろうねコレ。


てなわけで今年1年の振り返りでしたー
ベスト・オブハロメンは。。。。小野瑞穂!おみじゅかわいいよおみじゅ!

ではみなさん良いお年を!

ビギナーズラック

今年下3ヶ月はよく当たりました。これは軸馬決定法が完成したことと、新開発モジュールがビギナーズラックで的中を平均よりも多めに出したためと思われます。おそらく平均回帰が起きて的中率は下がるはずです>来年

だったら、毎月新モジュール投入して永遠のビギナーズラックを続ければいいんじゃね?


ソフィ、そんなやつになっちまったのかよっ!(意味なし

年間成績

間もなくクラウスによって僕達のklanが燃やされてしまうので、予測モジュールの年間成績をまとめてみました。


軸馬決定法メインモジュール「カノン」の成績は?(集計期間 2017年1月6日~2017年12月28日)
単勝回収率 83.2%
複勝回収率 85.2%
着度数 873-511-330-1097
勝率(1着率) 31.1%
連対率(2着内率) 49.2%
複勝率(3着内率) 61%
単勝最高配当的中 2,270円
 2017/08/12 小倉9R フェニックス
ゴールドクイーン (8人気)

前半2割台の数字を連発していた割に最終的には3割を超えていました。平凡ですが悪くない成績だったと思います。1着率が高く、2着、3着が少ないという軸馬決定法の特徴をよく表した着度数だったと思います。

軸馬決定法サブモジュール「シラン」の成績は?(集計期間 2017年9月30日~2017年12月28日)
単勝回収率 84.8%
複勝回収率 85.0%
着度数 157-141-113-394
勝率(1着率) 19.5%
連対率(2着内率) 37.0%
複勝率(3着内率)  51.1%
単勝最高配当的中 1,490円
 2017/10/01 中山7R
ゴールドサーベラス (8人気)

9/30から検証を開始した「抜け回収機」シラン。カノン+シランで単勝的中率6割を目指しましたが力及ばず5割にとどまりました。着度数にもそれはあらわれており、1着の度数と2着度数がほとんど変わりませんでした。固定した1着にはできないのがシランだったと思います。しかし3着内率は5割を超えているため、「カノンが3着内に入ったレースで」ヒモにシランを結んでワイドを買うと的中率が5割に達していたことがわかります。ようするに「あともう1頭わかれば馬券になる」ところまで来たことがデータからもわかります。


軸馬決定法3rdモジュール「マリーゴールド」の成績は?(集計期間 2017年11月18日~2017年12月28日)
単勝回収率 74.9%
複勝回収率 84.0%
着度数 49-65-50-227
勝率(1着率) 12.5%
連対率(2着内率) 29.2%
複勝率(3着内率)  41.9%
単勝最高配当的中 1,440円
 2017/12/09 中京3R
オールドベイリー (6人気)

初代マリーゴールドの成績を除いた2代目マリーゴールドの成績です。着度数でついに1着が2着3着の度数を下回りました。一方で複勝回収率はほとんど各モジュールとも有意な差を認めません。JRAの配当はきちんとやっているという印象ですw マリーゴールドは印3つで謎の1頭を検出することが目的で◎の成績だけを拾ってもあまり意味はありませんが、マリーゴールドの◎を頭にして高配当を狙うのがいかに難しいかがこれでわかると思います。マリーゴールドの印3つのいずれかが3着以内に入る複勝圏内率はおおまか8割強です。入れば3連単万馬券ですから非常に美味しい思いをさせてもらいました。来年もよろしくね!>めいめい



というわけで、今年の軸馬予測法各モジュールの結果報告はおしまいです。残念ながらklanの集計機能が失われるので来年は具体的な数字での報告はかないません。最初で最後の報告になります。それでは来年も頑張りましょう!またね!良いお年を!


追記 年間データのみから見るとずっと1番人気を買うと回収率が77%程度に収束するというのは眉唾ではないかなぁ。確定オッズの1番人気を「事前に」知る方法はないのでどう買ってもある頻度で1番人気以外の馬券を握ってしまうはずでそこで回収率の嵩上げが図られるはずなんだけど、どうも腑に落ちない。

個人的には確定オッズベースで競馬予想をするのであれば、着順予測機をつくる前段階として確定オッズ順予測機を作らねばならないはずで、その確定オッズ順予測機の精度に着順予測機の精度が引っ張られるので、このやり方では精度は出しにくいと思うんだけど。一発で着順予測する予測機のほうが精度を出しやすいと思うんだけど考え方は人それぞれ。着順予測ロジックが確定オッズベースなのに確定オッズでの着順を予想時に考慮していないという予想というのは個人的には評価しづらいなぁ。。。